スライスが止まらない人に!プロギアのegg 5500 ドライバーがおすすめ!

お気に入り
こんにちは、ライターのとやです!

皆さん、やさしいドライバーってどんなドライバーを想像しますか?

よく飛ぶ、ちゃんとつかまる、スライスしない、ミスヒットに強い、ボールが高く上がる、など。

やさしいと一般的に言われているドライバーでも、想像する「やさしい」には違いがあります。

そこで目を向けてみたいのが、スライスが止まらない、右へのミスが止まらないという人にぜひ使ってもらいたいドライバーです。

そういう症状が出ている人には、ぜひプロギアのegg 5500 ドライバーをおすすめしたいと思います。その理由とは……!?

egg 5500 ドライバーは重心角がすごい

egg 5500 ドライバーのすごいところは、まずその重心角。この重心角が大きければ大きいほど、スイング中にヘッドが返ってきやすいんです。

ということはフェース面がインパクトまでに戻ってこないために、フェースが開いてインパクト。それが原因でスライスを連発している人には願ってもないドライバーでしょう。

一般的なドライバーでは23度程度(プロギア調べ)。もちろん種類によって差はありますが、その中でもegg 5500 ドライバーは驚異の重心角37度。

通常のドライバーと比較して、ヘッドが返ってきやすい設計になっているんです。

egg 5500 ドライバーは慣性モーメントが高い

egg 5500 ドライバーは慣性モーメントが非常に高くなっています。

この慣性モーメントというのは、高ければ高いほど、動き出すときのエネルギーはたくさん必要になるんですが、一旦動き出してしまうと同じ運動を続けようとする方向に力が働きます。

そのためスイング中に、手元で余分な動きをしようとしても操作がしにくく、よりオートマチックに打てるようになっているんです。

これは大きい重心角でヘッドが返りやすい、そして高い慣性モーメントで、普通に振るだけでヘッドがしっかり返ってきてつかまりやすい。さらに手元の余分な操作が伝わりづらく、よりオートマチックにスイングできるんです。

さらに慣性モーメントが高いにはもう1つのメリットもあります。

インパクトでスイートスポットを外したときでも、ヘッドのブレが少なくて済むのです。

数値や角度で見ればごくわずかかもしれませんが、その少しがラフで止まってくれるか、林に打ち込んでしまうか、の瀬戸際になるケースもあります。

慣性モーメントの大きさは、インパクトで芯を外しやすい、フェースがブレやすいアマチュアゴルファーにこそ威力を発揮してくれるポイントではないでしょうか。

egg 5500 ドライバーは重心深度が深い

egg 5500 ドライバーはシャローフェースとなっており、さらにウェイトを深い位置に配置。

これによって重心深度がより深くなるように作られています。

重心深度の深さは何を意味するかと言えば、ボールをとらえたときにギア効果でボールを高く上げやすくする効果を狙っています。

ボールに高さがほしい、ヘッドスピードが速くなくても飛距離を出したい、と思ったときには最適解となってくれる可能性が高くなるんですね。

大きな重心角度を支えるためにシャフトも専用設計

egg 5500 ドライバーはシャフトも専用設計。

それはヘッドが一般的なクラブに比べて、つかまりをよくするため、ミスヒットに強くするために重心角を大きく、慣性モーメントも高く設計されているためです。

そこで手元の剛性が高くなっており、先がしっかり走るシャフトとなっています。

典型的な先走り系のシャフトと言えるでしょう。

当たり負けを防ぐというコンセプトで、慣性モーメントが高いヘッドの性能を引き出しています。

つかまらない人には驚くほどやさしい設計に

つかまらない人には驚くほどやさしい設計に

getty

ゴルフクラブというものは、ある程度多くの人に合うように作られているものが使いやすいと感じられるケースも多いんです。

しかしこのegg 5500 ドライバーは、明確に使ってほしいターゲットを絞ってきている印象です。

ボールがつかまらない、スライスで弱々しいボールが出る、ドライバーの高さが出ない、ドライバーショットでのミスヒットが多い、という悩みを持つゴルファーには驚くほどやさしい設計になっているんです。

引っ掛けが多い、ミスショットが左に巻く、というゴルファーは逆にチョイスしてはいけないドライバーです。

egg 5500 ドライバーの設計の方向性を理解して、スライスが止まらないゴルファーにはぜひ選んでほしい1本です。

こうしたゴルファーには最高の相棒となってくれる可能性が高いでしょう。

プロギア egg 5500 ドライバー impact

プロギアのeggには、同じような性能を持ちながら、少し性格を変えたモデルもリリースされています。

まず、egg 5500 ドライバー impact(インパクト)。

この「インパクト」は、ノーマルのegg 5500と比較して1インチ短い44.25インチ。ヘッドウエイトはほぼ変わらず、バランスがD1となっています(egg 5500はD3)。

egg 5500 シリーズの特徴はそのまま踏襲しつつも、さらに短いシャフトで、バランスも軽く仕上げられています。

より安心してドライバーを振っていきたいゴルファーにおすすめしたいモデルです。

プロギア SUPER egg 480 ドライバー(高反発モデル)

eggドライバーと言えば、高反発ドライバーの印象が強い方も多いのではないでしょうか。

高反発モデルということで、競技などでは使用できませんが、プライベートで飛距離が落ちた、とお悩みのゴルファーにはうってつけのモデルとなります。

高反発専用設計のヘッドになっています。

ルール上限の反発係数を大きく超えた弾きで、さらにヘッドの性格はeggの「やさしさ」を踏襲したモデルになっています。

そしてルールを超えているのは何も反発力だけではありません。ヘッド体積もルールでは460ccと決められていますが、それをさらに超える480ccに。

ヘッド体積を増やして、さらにオートマチックにつかまえて飛ばすという尖った性能を持ったドライバーと言えるでしょう。

体力の衰えによってクラブが振れなくなってきた、さらにはスライスで弱々しいボールしか出ない、という方で、ルール適合品にこだわらない方はぜひぜひこのSUPER egg 480 ドライバーをチョイスしてみてください。

ちゃんとレディースモデルも用意されてるよ!

なかなかゴルフクラブって「これいいな!」と思ってもレディースモデルが用意されていなかったりもするものです。

でもegg ドライバーにはちゃんとレディースモデルも用意されています。もっとつかまえたり、もっとボールを遠くへ飛ばしたい、という思いは男女共通。

egg ドライバーのコンセプトはそのままに、レディース用にリファインされたegg ドライバーは、もっと飛ばしたいゴルフガチ勢と呼ばれる本格派ゴルフ女子にも、ボールがつかまらないというゴルフを始めたばかりのビギナーにも、納得の1本となってくれるでしょう。

ゾッとするほど、やさしい PRGR eggドライバー

プロギア egg ドライバーのキャッチフレーズは「ゾッとするほど、やさしい」です。

ボールがつかまらない、飛距離がもっとほしい、スライスを直したい、こんなゴルファーにとっては、男性も女性も関係なく、ぜひ使ってみてほしいドライバーです。

こんなに苦しんできたスライスや飛距離の出なさを、一気に覆すかもしれない可能性を秘めているプロギアのegg。

ゾッとするほど、やさしいドライバーをぜひあなたが体感してみてください!
お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。