ドローボールのメリット・デメリットを超簡単に教える!飛距離が欲しいならドローだ!

ドローと言えば谷口徹!

どうもゴルフライター@ノザです!

皆さんドローボール打ってますか?

今回は、「ドローボールの長所と短所」について説明していきます(ドローの打ち方とかの内容ではないです……)。

ゴルフの球筋で言うと、左に曲がる球をドロー、右に曲がる球をフェードと定義しています(ちなみに左に曲がり過ぎる球をフック、右に曲がり過ぎる球をスライスと言います)。

曲がる方向で違いが出るの? と思いますよね? 全然変わるんです。

ということで、ドローボールの長所と短所を説明します。

ドローボールとは? 女子プロはほとんどがドロー

ドローボールとは? 女子プロはほとんどがドロー

getty

そもそもドローボールとはどんな球筋か? 冒頭でチラッと書きましたが、もう少し突っ込んで話していきます。

・ドローとは左に曲がる球
・上から下にかけて回転する強い球筋

女子プロはほとんどがドローを打つ、いわゆるドローヒッターが多いですね。

左に曲がり過ぎる球をフックと言い、さらに鋭く左に曲がる球をチーピンと言ったりします。

これは完全なミスショットですね……。

逆に右に曲がる球をフェードと呼び、曲がり過ぎればスライスです。

フェードは男子プロが多いですね。

基本的に球筋は、

・左に曲がるドロー(曲がり過ぎたらフック)
・右に曲がるフェード(曲がり過ぎたらスライス)
・真っすぐなストレート

以上の3種類になります。

ドローボールは何となく分かっていただけたでしょうか?(いつものように簡単な説明ですが)

それでは本題のドローの特徴についていきます!

メリット1.飛距離が出る

メリット1.飛距離が出る

getty

ドローボールはとにかく飛距離が出ます。

女子プロはドローヒッターがたくさんいると書きましたが、非力な人が遠くに飛ばすための球種なんです。

ゴルフで飛ばせるというのは圧倒的なアドバンテージです。

言わずもがなですが、ピンに近く飛ばせれば、それだけ簡単なクラブ(短いクラブ)で狙うことができる。

単純な話、同じホールのセカンドショットでウェッジで狙うのと6番アイアンで狙うのとで、どちらがピンに近くに寄せられる? って話です。

ロフトが寝ているほうがスピンが効く。スピンが効けばキャリーの計算でピンを狙える。これは大きな差です。

だから皆飛距離を求めるんです。

で、それならやっぱり飛ぶ球筋を身に付けるほうが楽なんですよね。

ドローは飛ぶ。これが最大のメリットです。

メリット2.風に負けない強い球筋

メリット2.風に負けない強い球筋

getty

ドローは飛ぶことに加え、風などの影響も受けにくいんです。

もちろんゼロではないですが、影響が少なくて済む。

ドローは基本、上から下へ向かう縦回転。つまり多少の風があろうが、まるでえぐるように前に進んでくれます。

反対にフェードなどのスライス回転は、回転が下から上なので、風があると球が吹き上がってしまう。

イコール風に弱い球筋ということ。

ゴルフは自然の中で行う競技。無風なんてことはあり得ません。

特に吹きっさらしのリンクスや河川敷などは風が強い。

僕も河川敷によく行くので、風にはいつも翻弄されてます……。

風に強い球筋を持っておくと、もしもの場合役に立ちますよ。

デメリット1.リストターン多めなので球筋&スイングが安定しない

デメリット1.リストターン多めなので球筋&スイングが安定しない

getty

ドローはリストターンを多めに使います。手首の「返しの力」を最大限使うことで、球をつかまえ飛ばすことができるんです。

ただこのリストターンはタイミングが命……。

少しでも返しが遅くなるとスライスになり、返しが早過ぎるとフックが出てしまう。

ということで、当然ここが最大のデメリットです。

スイングは再現性が大事なので、タイミングに頼り過ぎるドローはそれだけミスの可能性が高くなります。

さらに緊張下でのショットは体を硬直させるので、なおさらミスの原因にもつながりますね。

ただ女子プロなんて本当曲がらなくて一定していますし、慣れの部分も大きい。

練習量が多く、フェードなどに浮気しない人はひたすらドローを練習することで再現性を上げられるんだと思います。

また、最近のスイングでは、それほど手首を返さずに(シャットフェースを維持して)インサイドアウトのスイング軌道でドローを打つ人が増えています。

このような人も安定してドローが打てるため、このデメリットがそれほど気にならなくなります。

ただし、スピン量が少ない強い球であることには変わりはないので、ケガした時のミスが大きくなりやすいことに変わりはありません。

デメリット2.ダフりなどのミスショットが増える

デメリット2.ダフりなどのミスショットが増える

getty

ドローという球筋は、要は「払い打ち」です。

・ドロー=下からの払い打ち
・フェード=上からの打ち込み

というイメージ。

払い打ちというイメージから、スイングがフラットになり下からすくう形になります。

このイメージがコースでは多くのミスを連発させます。

コースでは当然傾斜がありますよね? 仮に左足下がりの場合、ドローで打とうとすると必ずダフります。

払い打ちは、とにかく傾斜に弱いんです。

ダフりやトップ、この辺りのミスが多いドローヒッターは、傾斜の打ち方を勉強すると一気にミスショットが減ると思います。

ただその辺はコースに出て勉強してなんぼ的な所があるので、ここもデメリットだと思います。

傾斜の勉強は結構難しいですからね。

まとめ・攻めるならドロー! 特に初心者はドローを覚えよう

まとめ・攻めるならドロー! 特に初心者はドローを覚えよう

getty

ということでまとめます。

【ドローの特徴 !長所と短所の説明】

長所1.飛距離が出る
長所2.風に負けない球筋
短所1.リストターンが多いのでスイングが安定しない
短所2.傾斜を知らないとミスショットが増える

イメージ的な話をすると、

・スコア62も出るけど予選落ちもするゴルフがドロー
・スコアの爆発はないけど、予選落ちが少ないフェード

という感じです。

ドローはリスクもありますが、その分球が強く飛距離というアドバンテージを取ることができる。

ドローの再現性を上げてミスの幅が狭まれば、ドローが最強となるでしょう。

ちなみに初心者は基本ドローから入ったほうが良いと思っています。球をつかまえるという感覚がつかめるので。

で、ドローとなると「左の壁」が大切です。以下記事よりどうぞ。
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016