【冬ゴルフの対策】冬にスコアを出すために必要な知識4選!

冬生まれの冬好き!

どうも~ゴルフライターのノザです!

今回は、「冬ゴルフに必要な知識4選」をテーマに書いていきます。

当記事を書いている今日は冬真っ盛り。1月の埼玉、群馬辺りの山沿いはかなり冷え込みます。

雨予報なら半分は「雪に変わるかも……」と覚悟しなければなりません……。

まぁとにかく冷えます。

皆さんは冬ゴルフは好きですか?

「寒くて体動かないし、飛距離も落ちるからあんまり好きじゃない!」という人がほとんどだと思います。

僕の知り合いでも【冬はまったくラウンドしない】という人もいます。

しかしそんなに諦める必要はありません。

冬ゴルフもポイントを押さえれば、スコアも崩さず楽しくラウンドすることが可能です。

【諦めるな】冬ゴルフは対策すればスコアは崩れない

【諦めるな】冬ゴルフは対策すればスコアは崩れない

getty

冒頭に書いたように、冬ゴルフだからと言って諦める必要はありません。

むしろ、僕たち貧乏リーマンゴルファーにとっては「冬はゴルフ利用料が安く、混んでない」ので利点は多くあります。

この安い時期にいかに経験を積み上げ、春に爆発させることができるか? そのために冬ゴルフは必要なんです。

ただ実際に冬ゴルフを経験してる人は、以下のようなネガティブな印象が多い。

・冬ゴルフはケガをしやすい
・冬ゴルフは飛距離が落ちる
・冬ゴルフは着込むから動きづらい

そりゃやっぱり「寒さ」がある以上、環境的に不利なのは致し方ない。

ゴルフツアーも基本的に真冬はやらない所を見ても、100%のパフォーマンスができる季節ではない。

じゃ冬ゴルフは諦めが肝心なのか?

そんなことはありません!

その理由を以下より詳しく説明していきます。

1.【これは確実】寒いと飛距離は落ちる

1.【これは確実】寒いと飛距離は落ちる

getty

寒いと飛距離は落ちます。体が夏ほど柔軟に回らないし、服もその分多く着ているから可動域も狭まります。

冬は飛ばない。これは定説です。

しかしゴルフでスコアを作るには飛距離が一番大切なの? という話。

5ヤードくらい落ちたってスコアには関係ありません。

むしろ「どうせ飛ばない」と考えれば力みが取れた良いスイングができるかも知れません。

方向性が高まればそちらのほうが良いスコアが生まれますし。

要は考え方です。飛距離が多少下がってもスコアには関係ありません。

逆に考えればマネジメントに徹すれば良いんですよ。

割り切りましょう!

2.ランは出るからドライバーの飛距離は落ちない

2.ランは出るからドライバーの飛距離は落ちない

getty

冬ゴルフは全体的な飛距離は落ちますが、実は「ドライバーだけは」そんなに落ちません。

冬は下が凍っていたり、芝も冬眠に入り「抵抗」が減ります。

抵抗が減れば打った球はそれだけ走りますよね? 要はランが出る訳です。

そういう意味で考えれば、冬のティーショットはドローで攻めたいですよね(※フェードよりドローのほうがランが出るため)。

アイアンやウェッジ系の飛距離は明らかに落ちますが、ドライバーやスプーン(3番ウッド)辺りはキャリーが落ちてもランが伸びるのでそこまで変わりません。

ここも冬ゴルフのポイントです。

3.冬はアプローチが楽で寄りやすい

3.冬はアプローチが楽で寄りやすい

getty

夏ゴルフだと芝が生き生きとしています。そのため芝の抵抗が強く、甘く入るとざっくりやチョロが出てしまう。

しかし冬ゴルフは芝が冬眠期なので、抵抗が弱く、ラフから打ってもグリーンで止まるんですよね。

ここが冬ゴルフの一番のポイントです。

白くなった力ない芝は、そこまで邪魔になりません。

ラフに入ってもフェースをしっかり開いて打てば、ちゃんとグリーンで止まります。つまり、アプローチ関係のスコアは【冬ゴルフのほうが作りやすい】のです。

アプローチが得意な人は冬ゴルフでベストを出す人も多いはず。

4.夏のように脱水しない分、体調管理は楽

4.夏のように脱水しない分、体調管理は楽

getty

冬ゴルフは体調管理がしやすいですよね。寒ければ着込めばいいし、汗もそんなにかかないので水分補給もそこまで気にしないで良い。

一方、夏ゴルフは相当キツいですよね。

脱水症状の危険もあるし、暑さで頭がボーッとすることもあるでしょう。

ゴルフで一番良い季節は春と秋。ラウンドをする人は知っていると思いますが、値段が爆上がりします……。

当然気候が良いので、外でやるゴルフとの相性が抜群の季節なんです。

じゃ次にどの季節が良いか? と聞かれればやっぱり冬です。夏場は危険……。

特に高齢になってくると体力の衰えだけでなく、気温にも鈍感になってしまう。暑くなければ水分補給も怠るので、やっぱり怖い。

もちろん夏にだって、冷感インナーウェアや冷感シート、氷嚢などの対策はありますが、限界があります。

やはり体調管理は冬のほうが楽なのではないでしょうか。

まとめ・冬ゴルフは対策次第でスコアは崩れない

まとめ・冬ゴルフは対策次第でスコアは崩れない

getty

そろそろまとめに入ります!

【冬ゴルフでもスコアは出る! 4つのポイント】

1.飛距離は全体的に落ちる
2.ドライバーはランが出るからそこまで落ちない
3.冬芝は抵抗が少ないからアプローチが寄る
4.夏に比べれば体調面は楽

当記事で伝えたかったのは、「冬だからってそれほど警戒しなくても平気だよ!」ということです。

ゴルフ場の価格設定を見れば分かりますが、冬はオンシーズンのおよそ半分の料金でプレーが可能。

ということは、どれだけの人が「冬ゴルフは止めよう!」と思っているか? って話です。

もったいないですよ! 冬ゴルフをやらないのは。

上記で紹介した冬ゴルフの特徴を知っていれば、それほど苦になることもありません。

特に初心者の内は、料金の安い冬ゴルフで徹底的に鍛えたほうが良いですよ。

冬ゴルフについては別記事も用意してるので、その内また投稿します。

それではまた!

お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。 【ツイッターでフォロワー募集!】 ツイッターでフォロワーさん募集しています。 ゴルフ好きなら全てフォロバ返しますのでよろしくお願いします。ゴルフやライターの事を多く呟いてます(/・ω・)/ https://twitter.com/nagaremono12

このライターについてもっと見る >
日本シャフトGOSTバナー

カートに追加されました。