新・貧打爆裂レポート『TW-Xボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2019年11月26日に発売された本間ゴルフ『TW-Xボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。「すべてを手に入れろ」というコピーのボールの深層に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

2代目のTW-Xボールは進化している!

2代目のTW-Xボールは進化している!

『TW-Xボール』は、本間ゴルフが2019年11月26日に発売したボールです。

前モデルは、安価にもかかわらずツアーボールとして優れている、と2年前の発売から口コミでファンを獲得しました。エースボールとして使用しているゴルファーもたくさんいます。

【試打ボールスペック】
構造 3ピース ウレタンカバー
コア 高初速NCコア
アウター 高反発IOTHレイヤー
カラー ホワイト
ディンプル数 326
価格 1スリーブ 950円/1ダース 3800円(税別)

リリースを見ると、前モデルよりも飛距離性能をアップして、卓越したスピンコントロールも磨きをかけたということです。

ウレタンカバーの3ピースボールは、この数年、各メーカーが高性能のボールを市場投入して、性能的にはどれもかなりの高レベルになってきました。

ゴルフボール史上、現在が、最も充実しているという識者もいます。

『TW-Xボール』は、ヘッドスピード40メートル/秒(m/s)以上のゴルファーに向けてチューニングをしたボールです。

本間ゴルフが公開している資料でも、ヘッドスピード48m/sと42m/sのデータになっています。

ヘッドスピード40m/sの僕だとギリギリ対象に入るかどうか? という感じなのかもしれません。

『TW-Xボール』の表面は、前モデルと変わった点は見つけられません。

プリントも、変わったのはポールプリントの矢印やラインだけのように見えます。

ボールには、本間ゴルフのロゴプリントの90度横に、両サイドに小さく装飾を施した『TW-X』のロゴがプリントされています。

ラインを合わせるようなデザインになっているボールもあります。

前モデルから『TW-Xボール』には、直線的なディンプルの隙間がありました。タイトリストの『プロV1』などに以前あったものと同じです。

これは、半球ずつ作ったカバーを二つで一つににした跡なのです。

かつては、合わせ目が強度的に強くなるからと、この部分をボールに当たるようにセットすると飛ぶという説があり、すがりつくようにして信じたゴルファーが、ティーで真剣な表情でボールをセットする光景をよく見たものです。

前モデルも、新しい『TW-Xボール』も、その隙間のラインに、ボールプリントを合わせてあります。

気が付きにくい小さなことですが、こういう部分は、安価であっても、手を抜いていないと思わせるのです。

中を見ることはできませんが、前モデルと比較してちょっとわかったことがあります。

指で強くボールを潰すと、新しい『TW-Xボール』のほうがほんの少しですが、指が入っていく感触があります。

柔らかいボールということに、磨きがかかったのかもしれないと期待させます。

『TW-Xボール』をパターマットで転がしてみました。

乾いた高音で、音量はやや控えめです。好感触でした。

前モデルでは、ショートゲームで芯感が弱いことを個人的なマイナス要素にしていました。それが少し改善されたように感じたからです。

ワクワクしながらコースに持ち込んでテストに挑みました。

ファンを裏切らない高性能ボールは個性で勝負する!

動画を見てください。

ドライバー、フェアウェイウッド、アイアンと、立て続けに使って、ラウンドしました。

まずは、『TW-Xボール』の打感です。締まっているけれど濡れた打音です。音量は大人しめ。ツアーボールっぽい仕上がりです。

やはり、柔らかい打ち応えや感触は増しています。前モデルも柔らかいボールでしたが、違うボールであることを証明するような感触です。

芯に当たる感覚さえも、柔らかさに打ち消されている感じです。

この部分は個人の好みです。いわゆる、フェースに乗っている感じや、潰している感じは、柔らかいボールで感じる感触の表現で、そのような感じだと語るゴルファーも多いと思います。

飛距離性能は、トップクラスです。ドライバーで、230ヤード平均。アイアンの番手も最も飛ぶボールと同等です。

弾き感が小さく、中弾道の球筋になりやすいです。

アイアン、ウェッジのスピンは、ウレタンカバーのボールとしては平均的です。必要に応じて、その場に止まるようなスピン性能を堪能できます。

アプローチで、球足を使うゴルファーには、『TW-Xボール』はオススメです。

前モデルでは、ショートアイアンとウェッジのスピン性能がすごいと感じましたが、新しい『TW-Xボール』は、この部分はツアーボールとして進化させて、抑えめになったのだと考えました。

不必要なバックスピンは、いらないのです。とはいえ、『TW-Xボール』はスピンがかかるほうに分類されます。

ラウンドを通して感じたのは、とにかく柔らかい、ということでした。

ツアーボールとして、個人的な感触としては違うと感じると部分もありましたが、ツアーボールの最先端の一つのベクトルは、間違いなく柔らかいことです。本流ともいえます。

少し考えたのは、『TW-Xボール』は、もう少しヘッドスピードが速いゴルファーのほうが機能を引き出せるのかもしれないということです。

ヘッドスピードが、48m/sというゴルファーは一握りしかいませんが、該当するゴルファーには『TW-Xボール』をオススメします。

今回のモデルチェンジで、『TW-Sボール』も新たに加わります。ヘッドスピードに自信がない人には、こちらが良いということなのかもしれません。

『TW-Sボール』は、ツアーボールの未来についての提案を含んでいるボールの一つです。

飛距離が出るツアーボールで、安価なものが欲しいは、ぜひ、打ってみてほしいボールです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。