新・貧打爆裂レポート『ストロークラボ ブラック テン S パター』

今回の貧打爆裂レポートは、2019年11月8日に発売されたオデッセイ『ストロークラボ ブラック テン S パター』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。オデッセイの“スパイダー型パター”の深層に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

スパイダー型パターの真打ち登場!

スパイダー型パターの真打ち登場!

『ストロークラボ ブラック テン S パター』は、オデッセイが2019年11月8日に発売したパターです。

言わずと知れたスパイダー型のパターです。

【試打クラブスペック】
シャフト STROKE LAB シャフト
ロフト  3度
長さ   34インチ
ライ角  70度
価格   3万8000円(税別)

テーラーメイドが『スパイダーパター』を発売して10年。

発売時に、スパイダーが、ここまでのヒットパターになると、誰が予想したでしょうか。

僕も何だか鈍そうなパターだなぁ、という印象から始まって、ヘッドが小さいツアー型が出現するまでは手に取ったこともありませんでした。

2018年の初夏に、『スパイダー ツアーレッド』を使用し始めたのは、米ツアーを見ていて、その使用率の高さに無視はできないと考えるようになったからです。

実際に使ってみて、自分の認識が甘かったことを痛感しました。『ツアーレッド』は、慣性モーメントの高さなどを機能にしつつ、適度に敏感さもあるという良いパターでした。

しかし、オデッセイが同じ形状のパターを発表するという未来を欠片(かけら)も想像していませんでした。

オデッセイは、世界一のパターメーカーです。『ストロークラボ シャフト』が大好評で、勢いは衰えません。

「自分たちが作れば、スパイダーは、こんな風にできるのです」という圧倒的な自信がなければ、真似をしているだけだと指摘される可能性が高いパターを市場に投入するわけはありません。

『ストロークラボ ブラック テン S パター』は、オデッセイの自信を背負って出現したパターなのです。

『ストロークラボ ブラック テン S パター』の『S』はショートネックの略です。ベントネックがベースモデルで、他に『CS』(センターシャフト)というモデルもあります。

オデッセイのメインブランドの『ストロークラボ』に、今回、『ブラック』という新しいシリーズを新たに加えました。黒と銀色のツートンではなく、黒一色のボディーが特徴です。

『ストロークラボ ブラック テン S パター』をじっくりと観察すると、スパイダー型のヘッドではありますが、かなり違うこともわかります。

最も違うのは構造です。ソールを見てみれば、いわゆるマレット(小槌)の中央部が、骨組みのような構造だとわかります。

スパイダーは、ボックス形状で樹脂でフタをされていますが、『ストロークラボ ブラック テン S パター』は、フタがありません。

これは打音の響きを良くするサウンドリブのようです。また、フェースの打感を活かすための仕組みとしても、機能しています。

フェースは新しい「ホワイト・ホット・マイクロヒンジ★インサート」(★が入りました)です。

今までのフェースは、ヒンジの出っ張り部分が黒でしたが、シルバーになり、凸凹は最小限になりました。

打音を高音にして、音量も大きめにすることで、しっかりした打感を実現しているそうです。

そして、ツアーで大人気のツートンカラーの「STROKE LAB シャフト」が入っています。

プロのようなストロークができるのが『ストロークラボ』で、好評価を得ています。

『ストロークラボ ブラック テン S パター』の特徴であるショートネックは、スパイダーのツアーシリーズで話題になって、一気に広まったものです。

ヘッドとの接点を最小にして、オーバーホーゼルのシャフトに打感を敏感に伝える効果があります。

どこにも違和感がなく、真っすぐに構えられます。素振りしても良い感じです。

ウキウキしながらコースに持っていきました。

真似ではなく、10番の高性能パターである!

動画を見てください。

オデッセイのパターは、転がりの良さを追求しているのが特徴です。

『ストロークラボ ブラック テン S パター』は、気分良く弾きます。転がりも良いです。

「ホワイト・ホット・マイクロヒンジ★インサート」の特徴である、すーっと、きれいに転がっていくボールです。

練習グリーンで、数球打っただけで、もう『スパイダー ツアーレッド』には戻れないという予感がありました。

転がりの良さという点で比較すれば、まるで別物だったからです。

速いグリーンを好きなゴルファーが多いのは、強く打つほどブレる可能性が大きくなってパットが難しくなるという理屈の裏返しです。

遅いグリーンは、ブレが大きくなって難しくなるのです。転がりが良いということは、速いグリーンを自分で作るようなものです。

つまりは、やさしいのです。

『ストロークラボ ブラック テン S パター』は、実は1ラウンドは使いませんでした。
ハーフを終えたところで、使用するのをやめました。

理由は良過ぎたからです。

発売前に試打をしているので、「このパターしかない」と惚れてしまうと、発売までの時間が苦しいのです。惚れてしまう前に、試打をやめる決断をしました。

とはいっても、その決断は無駄で、発売日に買ってしまいました(購入したのは『CS』のネックのほう)。

『ストロークラボ ブラック テン S パター』は、転がりの良いパターです。シャフトとの相性も良いようです。気持ち良くストロークできます。

太めのサイトラインが、かなり効きます。ストレートに引いて、ストレートにインパクトすることが、とてもしやすいのです。

まずは、今までスパイダーを使っていて、結果に不満があったゴルファーに、強くオススメします。

スパイダーの弱点だった部分をすべてクリアしています。

高音の打音は、転がりとマッチしています。それでいて、必要以上には聞こえません。音量もちょうど良いのです。打ち応えも完璧です。言うことなしです。

やさしいけれど、それだけではなく、感性を活かしたパットをしたいゴルファーにもオススメします。

感性を活かせるというということは、ある意味では、気まぐれなパターだともいえます。

それが自分とパットの個性として利用できるようなイメージが作れれば、『ストロークラボ ブラック テン S パター』は最高の武器になります。

『ストロークラボ ブラック テン S パター』は、オデッセイの最先端を詰め込み、恐ろしいほど完成度を高めたパターです。

オデッセイは、将来的にも“#10(ナンバーテン)”として、この形状のパターを売り続けるのだと思います。

たくさんのゴルファーが、何代目だと数えながら、そのパターでゴルフを楽しむ様子が想像できます。僕もその一人になるのかもしれません。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。