ゆるゆる?しっかり?ゴルフのグリップはどれくらいの強さで握ればいいの?

お気に入り
ゴルフスイングをする上で、「手に力が入り過ぎ」と指摘されたことはありませんか?

手に力を入れたままでいると、自然と身体にも力が入ってしまい、ミスショットにつながる可能性も。

意識的に手の力を抜き、“ゆるゆる”で握ることで、理想的なスイングに近づいていきます。

しかしこの“ゆるゆる”、どれくらいの力加減を指すのでしょうか? また、力を入れることで何が起こるのでしょうか? 見ていきましょう。

グリップの仕方よりも重要な「グリッププレッシャー」

グリップの仕方よりも重要な「グリッププレッシャー」

getty

ゴルフスイングをする上で、グリップの握り方はとても重要です。

スクエアグリップ、ストロンググリップ、ウィークグリップ、どの握り方をするかで、スイングしたあとのボールの球筋などが変わってきます。

しかし、それよりも重要と言っていいのが、「グリッププレッシャー」です。グリップの握りの強さのことですね。

一般的にスイングする際、グリッププレッシャーは、非常に弱く、クラブを緩く持つことが推奨されています。

なぜ、緩くグリップを持つ必要があるのでしょうか?

実は、手のひらを強く握り込んでしまうと、それとつながっている手首の腱にも力が入ってしまいます。それにより、手首の動きが硬くなります。

グリッププレッシャーを緩くして手のひらの握り込みをなくすと、手首の動きを柔らかく保つことができるのです。

スイングで手首を柔らかく保つことは、スムーズさを導く、非常に重要なポイントです。

手首を柔らかく動かすことができれば、手首のコックとその解放の動きで、“逆テコの原理”が働いて、クラブヘッドの動きが大きくなります。

クラブヘッドの動きが大きくなることは、俗に言う「ヘッドが走る」という状態を生み出します。

シャフトがしなって戻る力を利用してインパクトをするため、手でクラブを振ったときよりも、速いヘッドスピードで振ることが可能になります。

グリッププレッシャーはどれくらいが理想なの?

グリッププレッシャーはどれくらいが理想なの?

getty

このグリッププレッシャーは、個人個人により感覚が違うので、一概に「この強さ」と、人に伝えることは難しいです。

グリッププレッシャーを例える言葉として、「小鳥を両手で持つように」「クラブを引っ張られたら抜けてしまうくらいの緩さ」「両手のひらで、タオルを落とさないくらい」など、いろいろな国のゴルファーに、いろいろな形容を用いて表現されています。

この言葉から、どれくらいの緩さで持てばいいのか、なんとなく想像はつくでしょうか? 一度いろいろな表現を思い浮かべながらグリップを握ってみて、自分の一番しっくりくる感覚を確かめるのが良いでしょう。

また、すべてのクラブで同じグリッププレッシャーで良いとは限りません。

飛距離を求めて使用するドライバーやフェアウェイウッドなどは、上記の通り、ヘッドを走らせるため、できるだけ緩いグリップで握りましょう。

しかし、グリーンを狙うチャンスのあるアイアンやウェッジなどを使用するショットでは、飛距離よりも、方向性や、狙った距離に打てるかどうかが求められます。

その場合は、飛距離を考えるよりも、スイング軌道が安定するよう、しっかりとグリップを握るようにしましょう。

持つクラブと目的によって、グリッププレッシャーを変えることも大切なマネジメントの一つです。

力を入れるとどんなことが起こる?

力を入れるとどんなことが起こる?

getty

緩いグリップをして飛距離を求める場合、つい気持ちが入って、グリップを握りしめてしまうこともあります。しかしそれは、力を入れる=筋肉が緊張している状態を継続して作り出していることにもなります。

緊張した筋肉は、リラックスしている状態の筋肉よりも、硬く、動きが遅くなります。

ヘッドが走らないことにより、手打ちのスイングとなってしまい、ダフリやトップのミスが出ることがあります。

また、逆に緩み過ぎたグリップをしてしまった場合は、テイクバックやトップで、一度グッと握り直してしまい(ミルクを絞る動作に似ているので「ミルキング」と呼ばれています)、結局必要以上の力を入れてしまうということが起こり得ます。

そうは言うけど、力を入れないと、ただ当てるだけのスイングになってしまう! そう思う人もいると思います。

ここまでを読むと、スイングのすべての動作でグリップに力を入れない、と読めるかもしれませんが、違います。

インパクトでは逆に、直前に強く握り込む意識が必要です。ほんの一瞬、ボールをクラブヘッドで叩きに行く意識でインパクトを迎えます。それがなければ、ボールは遠くへ飛んでいかないどころか、ボールに当たり負けしてしまう可能性もあるのです。

「緩く緩く」と意識していた方も、このインパクトの点だけは、力を入れる! と、しっかり覚えておきましょう。ただし、それはほんの一瞬です。

無意識でもインパクトのときにだけちゃんと力が入るという人は、特に意識する必要はありません。

グリップする力を抜くためには?

グリップする力を抜くためには?

getty

それでは、今まで力強くグリップを握っていた皆さん、その力を抜くために、何かできることはあるのでしょうか?

まずは、体全体に入っている力を抜くために、深呼吸をしてみてください。鼻から息を大きく吸い込み、お腹を膨らませます。その後、細く長く息を吐きます。

ゴルフ以外でも緊張したとき、一度しっかりと深呼吸をすると落ち着いたという経験を持つ人もいると思います。深呼吸は身体の緊張をほぐし、全体の力を抜いてくれます。

そしてアドレスに入りグリップですが、一度、両手で思い切り、グリップを握ってみてください。ぎゅっと思い切り握った後、パッと力を抜きます。

その力が抜けた状態で、スイングをスタートさせます。一度力を入れた後ですので、力が抜けた状態のグリップというものが体感できます。

他にも、お腹に力を入れておく、という方法もあります。お腹と手と、両方一度に力を入れておくことはできません。

力を抜く動作は、ショット前のルーティーンに組み入れることもおすすめします。

グリッププレッシャーを見直して、理想のスイングに近づけるようにがんばりましょう!
お気に入り
亜月

ゴルフと食べることが大好き! ゴルフ歴6年、ラウンドは週1。スコアはまだまだ安定しませんが、楽しくプレーしています。 https://www.instagram.com/_.risa._18

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200701-0801

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200701-0801