新・貧打爆裂レポート『ゼクシオ イレブン ドライバー』

新・貧打爆裂レポート『ゼクシオ イレブン ドライバー』

お気に入り

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年12月7日に発売されるダンロップスポーツマーケティング『ゼクシオ イレブン ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「ソフトなフィーリングで飛ばせ」というコピーの秘密に迫ります。動画も含めてレ試打ポートします。

ゼクシオ イレブンのドライバーは中身で飛ばす!

ゼクシオ イレブンのドライバーは中身で飛ばす!

『ゼクシオ イレブン ドライバー』は、ダンロップスポーツマーケティングが2019年12月7日に発売するクラブです。

ゼクシオは、本数累計で世界一の売り上げを誇るブランドで、今回のモデルチェンジで、11代目となります。

一般のゴルファーを対象にしていたゼクシオは、今回のモデルチェンジで二つのブランドに分かれることになりました。

今までのゼクシオを継承するイメージの『ゼクシオ イレブン』と、アスリートゴルファー向けの『ゼクシオ エックス』の二つです。

『ゼクシオ イレブン ドライバー』は、今までのゼクシオユーザーが安心して使えるドライバーであることが宿命になっているクラブです。

『ゼクシオ イレブン ドライバー』は、『エックス』とはまったく別の専門設計で作られています。

特徴の筆頭は、「WEIGHT PLUS(ウェイトプラス)」というテクノロジーです(これは『エックス』にも採用されています)。

クラブの手元に重量を集中させることで、スイング中のクラブのブレを最小限にできるという理論で、自然にトップを理想のポジションにしやすくなるというわけです。

グリップエンドにウェイトが入っています。

次の特徴は、カップフェースの中央部分を従来より薄く広く改良したことで高反発エリアを72%アップできたそうです。ミスヒットしても、飛距離が極端に落ちないようになります。

「STAR FRAME(スターフレーム)構造」は『ゼクシオ イレブン ドライバー』のオリジナルの特徴です。

ソールとクラウンを薄くして、軽量化しました。強度を保つためのフレームが、星形に似ているので、この名称になりました。

余剰の重量はクラブの後方に配置しました。これが慣性モーメントを大きくし、広いスイートエリアを確保したそうです。

『ゼクシオ イレブン ドライバー』は、構えてみると、一目でゼクシオらしいと思わせます。

深いブルーのクラウンに、螺鈿(らでん・虹色光沢を持つ貝殻の内側を使った装飾)のように見る角度で色味が変わるマークが入っています。

フォルムがゼクシオなのです。体積460ccの大きなヘッドは、今までゼクシオを使っていたゴルファーも安心して乗り換えられます。

飛距離を期待させるのは長さです。45.75インチあります。

長さは飛距離につながりますが、構えた感じや軽く振った感じでは、長さは感じないのです。テクノロジーのお陰なのだと思いました。

『ゼクシオ イレブン ドライバー』は、ヘッドスピードが40メートル/秒(m/s)以下のゴルファーに向けてチューニングされているそうです。

試打したドライバーは、ロフトは9.5度で、シャフトは純正の「MP1100 カーボンシャフト」のフレックスはSでした。

飛距離性能で勝負する『ゼクシオ イレブン ドライバー』!

動画を見てください。

最初に断言しておきます。今までの『ゼクシオ』のドライバーは、飛距離性能もさることながら、方向性能やミスヒットへの許容性能が優先されているイメージでした。

スライスしないことや、右へすっぽ抜けないことで、ゴルファーを助けてきたのです。

それが、評価されてきたので世界一のクラブになったのですが、残念ながら、飛距離性能に特化したドライバーには飛ばすという要素では負けてしまうと評価してきました。

『ゼクシオ イレブン ドライバー』は、今までの『ゼクシオ』ドライバーとは違うのです。

飛びます。飛距離性能だけで言えば、僕が打ったことがある歴代の『ゼクシオ』で一番飛ぶと思いました。

改めて、打った印象を書きます。

まず、打音です。見た目だけでなく、打音も『ゼクシオ』です。大きめで、響きますし、飛びそうな高音です。

『ゼクシオ イレブン ドライバー』は、高弾道で、きれいなストレートボールです。9.5度のロフトを感じさせません。

一発目は225ヤードでしたが、条件が良いホールでは235ヤード飛びました。僕のヘッドスピード40m/sだとトップクラスに飛びます。平均しても230ヤード弱でした。

平均飛距離でわかることは、安定していると言うことです。一発の飛びではなく、平均として飛ばせるドライバーに仕上がっています。

基本的にはストレートボールですが、ややドローも出ます。オートマチックに同じボールを打つタイプのドライバーです。

『ゼクシオ イレブン ドライバー』は、ヘッドスピードは速くないけれど、確実に、芯の周辺に当てるのが上手いゴルファーにオススメします。

今までの『ゼクシオ』ドライバーから買い換えるゴルファーは、ボールをつかまえられていたタイプであれば、機能を堪能できます。

ヘッドスピードが速くて、ブンブンと振り回したいゴルファーには『ゼクシオ エックス ドライバー』が用意されています。

新しい『ゼクシオ イレブン ドライバー』は、以前のように誰でも打てるという要素は薄れています。

オールドゴルファーや女性のゴルファーも含んだパワーに頼らないゴルファーのための一本なのです。

中身は最先端ですが、外見はオーソドックスなゼクシオの伝統をまとっています。これが面白いです。

ヒツジの皮を被ったオオカミという感じで、ゴルフを楽しむイメージが持てるのであれば……『ゼクシオ イレブン ドライバー』を打ってみるべきです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。