【誰でも簡単!】ドローの打ち方教えます!

お気に入り

初心者の方はスライサーが多く、フック打てたらかっこいいな~って思いますよね。

実は簡単にドローは打てるんです。でも、実戦で使えるかどうかはまた別のお話です(笑)。

ドローを打つポイント

ドローを打つポイント

ドローを打つポイントは、シンプルにスイングをインサイドアウトにするだけで打てます。

アウトサイドインとは画像の通り、体から離れたところからヘッドが来てインパクト後に体の近くをヘッドが通過するスイング。

一番初心者にありがちなスイングで、私もこれです。

体の内側からヘッドを持ってくるよう意識しても結果こうなっていることが多いんです。

スライスで悩んでいる人は一度動画でスイングを見てみてください。

逆に、インサイドアウトはアウトサイドインを直そうとして練習しているとよくなります。

インサイドを意識し過ぎてインパクト後に体が回り切らず手打ちになっていることが原因の一つとして挙げられます。

インサイドインは体の近くからヘッドが出てきて、体の回転と共にインパクトを迎え、インパクト後に体に巻きつくようにヘッドが帰ってくるスイングで、このスイングができればまっすぐに飛び飛距離も伸びます。

なかなか難しいんですけどね。

このドローの練習は通過点!

このドローの練習は通過点!

getty

理想はインサイドインでまっすぐに飛ばすスイングを目指したいところですが、いきなりは無理なので、私はインサイドアウトでドローを打つ練習をしています。

手打ちをいきなり体を使って打てと言われても難しいので、まずは手打ちでも軌道を変え、インからヘッドを送り込む意識をしっかり持つようにしています。

この過程で、インサイドアウトが上手くいくと自然に球はドローになります。

実際に打ってみた動画がこちら

だいぶドローを打てるようになりました。

とにかくインからしっかりとヘッドを送り込むことだけを意識しています。

最終的にはインサイドインでしっかりとボールを前に飛ばせるようになりたいですが、まだまだ道のりは長いです。

皆さんもぜひドローの練習してみてください!

お気に入り
ピカ太郎

100切りできないエンジョイゴルファーです。 プレーはもちろん、ゴルフに関するいろんなことに興味を持っています。 ただ、プレーはうまくないので、ゴルフ雑学的な記事を中心に書いていけたらと思っています。 試打動画、DIY動画あげてます!! https://www.youtube.com/c/Pikagolf

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416

カートに追加されました。