新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR レディース』

新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR レディース』

お気に入り

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年9月13日に発売されたブリヂストンスポーツ『TOUR B JGR レディース』です。

コースに持ち込んで妻に打ってもらいました。ぶっ飛びブランドの『JGR』のレディースクラブの実力は? 動画も含めて試打レポートします。

女性用JGRはより非力な女性にピッタリ!

女性用JGRはより非力な女性にピッタリ!

『TOUR B JGR レディース』は、ブリヂストンスポーツが2019年の9月13日に発売したクラブです。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンのフルラインアップで、基本的なテクノロジーはメンズの『TOUR B JGR』と同じですが、女子専用設計になっているものもあります。

例えば、ドライバーは、メンズのヘッド体積は460ccですが、『TOUR B JGR レディース』のヘッド体積は430ccなのです。正真正銘の専用設計だといえます。

話題沸騰中の、フェースの裏側から支えることで初速が速くなるエリアを拡大することに成功した「SP-COR(サスペンションコア)」は、『TOUR B JGR レディース』でも採用されています。

ヘッドのクラウンは、深いブルーで、角度によって光沢が変わって見えます。

ロフトはしっかり目の11.5度とやさしく飛ばせる13.5度が用意されています。

ボールが上がらずに飛距離が出ず、ドライバーが苦手だという女性には、ロフト13.5度で、Lフレックスのシャフトが入ったものだと総重量が256グラムになるという挑戦的なスペックです。

『TOUR B JGR レディース』は、どちらかというと非力な女性向けに開発されていると感じました。

今回、試打をしてもらった妻は、普段、男性用のクラブを使用していますが、そういうスペックがオーバースペックになってしまう女子ゴルファーには、こういう専用設計で徹底されているクラブは、渡りに船ということになることでしょう。

妻はヘッドスピードが37メートル/秒ぐらいあるので、今回はフルセットをAフレックス(Lフレックスよりワンランク硬い)で用意してもらいました。

ドライバーは11.5度のロフトです。

本格的なゴルフをしたい女子にJGRを使って欲しい!

動画を見てください。

『TOUR B JGR レディース』のドライバーを妻は非常に打ちづらそうにしていました。

理由は単純で、普段使っているドライバーより軽く、1インチ以上短いからです。

専用設計は、男性用クラブが普通に打てる女子ゴルファーには慣れるのに時間がかかります。

2ラウンドハーフしてもらい、後半はけっこう慣れてきてバシバシ打っていましたが、その後、自分のドライバーに戻して1ラウンドぐらいは違和感に苦しんでいました。

専用設計は、ある意味で、諸刃の剣でもあるのです。

だから、試打する際に、すぐには慣れないものだということを頭の片隅に置いておいてほしいと思います。

『TOUR B JGR レディース』のドライバーの打音は高音で、澄んだきれいな音です。飛びそうな音はやや大きめの音量で、バランスが良いです。

11.5度でもかなりボールは上がりやすいドライバーです。

ただ、やさしさにかんしては、メンズの『JGR ドライバー』のほうが上だと思われます。

ヘッド体積の430ccは重量などで優位な点があることはわかりますが、460ccのほうが基本的には、やさしいヘッドになるものだからです。

妻が打っているのを見ていて、もし、妻が使うのであれば、メンズを買うことを推奨するだろうと考えていました。

とはいえ、レディース専用設計で、本格的で、少し敏感なドライバーが欲しいというゴルファーには、『TOUR B JGR レディース』のドライバーが、自分専用の唯一の一本に感じることもあると推測できますので、強くオススメします。

『TOUR B JGR レディース』のフェアウェイウッド、ユーティリティは、ボールが上がりやすく、飛距離も出ます。やさしくて、打ちやすいクラブです。

妻は、ドライバーは慣れるまで時間が必要でしたが、フェアウェイウッドとユーティリティは、1球目からナイスショットを連発していました。

ちょっと面白いと思ったのは、どちらも、グリーンで止まる性能が優れていることです。

ロングショットを打つクラブの中には、とにかくランでも稼ぐというコンセプトでチューニングされているものもあります。そういうクラブで花道からグリーンに乗せていくゴルフをする女性ゴルファーもたくさんいます。

『TOUR B JGR レディース』は、ダイレクトにグリーンに打ってください、という感じなのです。

上がりやすいのに、左に行きづらく作られています。引っかけを気にせずに、思い切って振っていくクラブが欲しい女子ゴルファーにオススメです。

『TOUR B JGR レディース』のアイアンは、メンズの『TOUR B JGR HF3 アイアン』のように、高機能です。

打感は抜けるような手応えがあるものの、芯に当たった感触がふんわりしているようです。

これには好き嫌いがあると思いますが、ボールは高弾道で、強いボールが飛んでいきます。

グリーン上で止まる機能もなかなかのものです。

7番アイアンのロフトは29度で、これはレディースのアイアンとしては、ストロングロフトではなく、普通のロフトに近いものになります。

よって、メンズのぶっ飛び系アイアンのような強烈な飛距離性能を感じることはできませんが、ロフトよりも少し飛ぶように見えました。

妻は、番手のつながりが良いと褒めていました。すべての番手が違和感なく構えることができて、ミドルアイアンもショートアイアンも意識せずに同じ感覚で打てるということのようです。

本格的なアイアンを欲しいという女子ゴルファーに、スコアアップの手助けとしてオススメしたいアイアンです。

新しい『TOUR B JGR』は、たくさんのゴルファーを助けています。

女子ゴルファーも、助けられる人がたくさんいると思いました。

『TOUR B JGR レディース』は、今までのクラブに不満があって苦労していた女子ゴルファーに、自分だけのクラブがあればゴルフが何倍も楽しくなることを教えてくれるクラブとして、オススメです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。