ハンドファーストのインパクトを身に付け強い球を打とう!

多くのレッスンやスイング方法において「ハンドファースト」でインパクトしなければならないというフレーズが出てきます。

「ハンドファースト」は、力強いボールを打つために必須の動きであることは理解できても、なかなか上手くできるものではありません。

そこで今回は「ハンドファースト」に打つコツと練習方法についてご紹介します。

ゴルフスイングが難しい理由

ゴルフスイングが難しい理由

getty

ゴルフのスイングが難しいのは「回転を伴う」動きをしながら「インパクトでフェース面を管理」しなければならないためです。

いろいろなスポーツ経験があっても、このゴルフ特有の動きは、簡単に体得できるものではありません。

プロ野球選手のように、棒状の道具を振り続けたアスリートでさえ、ゴルフを始めるとまずスライスに悩まされます。

そして、スライスに悩まされる原因の1つが、「ハンドファースト」を意識してインパクトで手元が先行した結果、クラブフェースがオープンに当たるという現象に悩まされるのです。

テニスやバドミントン、卓球のように「面」のある道具を使ったスポーツ経験がないと、フェース管理が難しくほとんどの方がスライスに悩まされるのです。

私も大学まで運動部だったので体力には自信がありましたが、ヘッドスピードが速いだけで「面」の管理ができず、1ランドで5個以上OBを出していました。

「ハンドファースト」で正しいインパクトを身に付けるコツ

「ハンドファースト」で正しいインパクトを身に付けるコツ

getty

「ハンドファースト」で正しくインパクトするには、

1.手元が10センチ程度先行する

2.フェース面をスクエアにコンタクトする

という2つが絶対条件になります。

そして、その条件をクリアする上では、左手を「ヒンジ(掌屈)」させる動きが必要になるのです。

最近のドライバーはヘッドが大型化し、ヘッドが動きにくくなっています。そのため、この「ヒンジ」という動きができず、フェースが開いた状態でダウンスイングを開始すると、間違いなくスライスしてしまいます。

もしくは、スライスを嫌がり強引に手を返すことで引っかけやチーピンに悩まされることになってしまいます。

ヒンジの動きをイメージするには、

1.いつも通りアドレスする

2.フェースはスクエアをキープしたまま手元だけ10センチ程度左にスライドする

3.左腕と左手の甲がほぼ一直線になったことを確認する

このハンドファーストが、フェースを開いてない状態で左手が上手に「ヒンジ」している状態です。

USPGAツアープロのダスティン・ジョンソンはヒンジの動きが強烈ですから、スイング動画を見て参考にするのもいいですね!

ハンドファーストの練習方法

ハンドファーストの練習方法

amazon

「ハンドファースト」を身につける上で、最も効果的なのは「インパクトバッグ」という練習器具を使う方法です。

ドリルとしてはとても簡単で、7番アイアンを使って、インパクトバッグを軽く叩くだけです。

そしてそのとき、インパクトの瞬間にフェースが真っすぐに向くように意識するだけでOKです。

「いや、練習器具を買うのはな……」という方には、「布団叩き」を使っても練習することをオススメします。

そのドリルは、

1.布団叩きを右手だけで振る

2.布団叩きを左手だけで振る

3.両手で握って振る

の3パターンでスイングし、インパクトの瞬間にチカラを集約させる感じで練習しましょう。

実際に布団叩きの面を意識して布団を叩けば、「バン!」という大きな音が鳴るはずです。

これは奥様の手伝いもしつつ、ゴルフ練習にもなるので非常にオススメです!

お気に入り
Yanagi@JPDAドラコンプロ

JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitterやブログもやってますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください。 https://twitter.com/Out_Drive300

このライターについてもっと見る >
日本シャフトGOSTバナー

カートに追加されました。