徹底分析?!2歳児のスイングをゴルフインストラクターが渾身解説!

2013年、PGAツアーのヒューストン・オープンで、ある貴重な映像が記録されていました。

おもちゃのゴルフクラブで小さな男の子が遊んでいるという、一見するとアメリカのトーナメント会場ではよく目にする光景なのですが……。

遊びの枠を超えている?! 天才2歳児のゴルフスイング!

映像には2歳くらいの男の子がコースの外の空いているスペースで遊んでいる風景が映し出されています。

おもちゃのクラブを振り回し、とても楽しそうです。

しかし!

通常のホームビデオと大きく違う点にお気付きになりましたか?

そうです!

ゴルフインストラクターのトラビス・フルトンによる、渾身のスイング解析がナレーションで入っているのです!

まずはアドレス。

「彼には少し太過ぎるグリップですが、心配はいりません。左手の指を上手くグリップの右側に回して実にしっかりとクラブをコントロールしています」

そして、テークバックからインパクト。

「左の肩と膝をしっかりと正確にターンさせています。1つ気になるのが左足のかかとが地面に着きっぱなしですね。もう少し柔軟に対応しても良いかもしれません。そしてダウンスイングです。完璧なウェイトシフトに右の肩の鋭いターン! そして手首を使って実に上手にボールをすくい上げています!」

最後は、フィニッシュ!

「なんて素晴らしいフィニッシュだ! 完璧です! ヒューストンオープンでまた1人スターが生まれました!」

何気ない光景も、プロの解説が入ると迫力が違ってきますね!

まとめ

まとめ

getty

PGAツアーが2歳くらいの男の子のほのぼのとした映像に、本格的なナレーションを付けておもしろい映像に仕上げていました。

しかし、ナレーションを聞きながら映像を何度も見ていると、これはただの面白いビデオではないのかもしれない……と思えてきました。

おもちゃのクラブとはいえ、解説のとおりスイングは理に適って本格的でした。

もしかしたら、20年後に現れるスーパースターの秘蔵映像になるかもしれませんね。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >