【スライサー必見!】ボールをつかまえる道のり(その1)~なぜスライスするのか~

こんにちは! マイゴルフクラブです(´▽`)

新製品が落ち着き、試打するクラブがなくなってきたので、久しぶりにレッスン関連の記事を上げます!

ここ最近、スライスに悩んでいる方のレッスンをすることが多いので、この企画を思いつきました!

「苦手なものを克服するためにはまず、苦手なものをよく知ろう!」という作戦です(´▽`)

第一弾はスライスについて、お話していきます!

なぜスライスしたら良くないのか?

なぜスライスしたら良くないのか?

getty

ゴルフでは「スライス=悪い」という考え方が一般的だと思います。

ここで考えていただきたいことが、ゴルフはスコアを競うスポーツだということです!

スコアを競うためには、スライスを打ったらダメなのかと言うと、そうではありません。

「正確に狙った方向にボールを飛ばせる」ことが重要です(´▽`)

ですので、スライスで狙った方向に飛ばせるのであれば、特に修正する必要はないと思います!

しかし、スライスの一番のデメリットは、飛距離をロスすることです!!

飛距離が出ると、短い番手のクラブでグリーンを狙うことができ、ゴルフの難易度が下がるので、まずはボールをつかまえる打ち方をしたほうが良いと思います(´▽`)

なぜスライスは起こるのか?

なぜスライスは起こるのか?

次にスライスが起こる原因です!

この原因を意外と間違ってとらえている方が多いのです。

スライスの原因は「クラブを振る方向」です!

図の赤い矢印のように、ボールを飛ばしたい方向より内側に向かってスイングすると、スライス回転がかかります。

実は「フェースの向き(右を向いているor左を向いている)」というのはボールが打ち出される方向に関わることなので、フェースの向きを意識して、真っすぐに当てるようにしても、スライスは止まりません。

まとめ

まとめ

getty

まずはスライスについて考えてみましたが、いかがでしたか?

次回からはスライス矯正に有効な練習方法や練習器具を紹介していきます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます(´▽`)

それでは、また次回に!

お気に入り
マイゴルフクラブ

はじめまして( ´ ▽ ` ) ゴルフショップ14年間勤務で得た商品知識とフィッティング技術、クラフト技術とUSGTFレベル2のティーチング資格を活かして2019年5月から上達したいゴルファーを応援するマイゴルフクラブと、インターネット上の商品販売でゴルファーを応援するマイゴルフショップを設立しました! 新製品ゴルフクラブの試打記事やスイングに関する記事で、皆さんのお役に立てればと思っています。 ゴルフの腕前はエンジョイゴルファーです( ´ ▽ ` ) よろしくお願い致します! https://my-golf.club

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


フォーティーンDJ4bk_191209-200131