新・貧打爆裂レポート『ミズノプロ920 アイアン』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年9月20日に発売されたミズノ『ミズノプロ920 アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んで打ってみました。『ミズノプロ』シリーズで最もやさしいアイアンの実力は? 真相に迫ります。動画も含めて試打レポートします。

最もやさしいアイアンとしての920!

最もやさしいアイアンとしての920!
『ミズノプロ920 アイアン』は、ミズノが2019年の9月20日に発売したクラブです。

復活したミズノプロとして二代目になる『ミズノプロ920 アイアン』は、カスタム専用オーダーモデルとしてのこだわりが詰まっています。

まず最初に「銅下メッキ」です。

20世紀末まで、「銅下メッキ」は当たり前の加工でした。

何層かに分けてメッキをする際に、銅の層を入れると打感が軟らかくなるということで、常識になっていましたが、軟らかく感じることを数値で証明できずに、コストも高いことから廃止されていました。

しかし、トッププロを対象にした目隠しテストを行うと圧倒的多数が「銅下メッキ」のほうが軟らかいとわかるのです。

理屈ではなく、体験できるものとして、コストをかけて「銅下メッキ」を採用したのです。

ミズノの「銅下メッキ」は、軟鉄鍛造のボディーがあって、ニッケル、銅、ニッケル、クロムと四層です。

新しい技術は「デュアルT-SLOT加工」です。

ポケットキャビティのように深く溝を彫る場合に、ロフトの角度があるので、深く彫り過ぎるとソールに穴が開いてしまいます。

誤差を考慮して彫った結果、フェースの下部やリーディングエッジに厚みが残ってしまう弱点がありました。

それを、2つの別々の加工をすることで、横幅も広げることができて、深さもギリギリまで加工することができたそうです。

前モデルの約2倍のサイズの穴になったのです。

他のメーカーは、このような加工に限界を感じて、カップフェースを選択していますが、『ミズノプロ920 アイアン』は軟鉄鍛造のヘッドで、同じような構造を作ることに挑戦し、達成したという訳です。

最も多くのゴルファーに向いているアイアンを目指して、『ミズノプロ920 アイアン』は開発されました。

少しフェース長はありますが、気になるほどではなく、構えやすいところは、さすが、ミズノプロだと感心します。

とにかくやさしさを前面に出してくる『ミズノプロ920 アイアン』のロフトは7番で30度です。

20度台の7番アイアンが市場に増えてきている中で、大人しいロフトです。

いわゆるスタンダードなロフトに比べると4度の差しかないので、ちょうど1番手分の距離差があるはずです。

試打したクラブは、4番~ピッチングウェッジ(PW)で、シャフトは「N.S.PRO 950GH neo」のSフレックスでした。

ミスヒットに強いことがミズノプロ920の特徴!

動画を見てください。

『ミズノプロ920 アイアン』の4番アイアンを最初に打ちました。

左に行かせたくないシーンで使ったのですけど、きれいなフェードボールで、飛距離は175ヤード。

打音はやや抑えめで良い音ですが、少しミズノのアイアンとしては不満が残ります。

悪い打感ではないのですが、ミズノ独特の雑味がない澄んだ音と打ち応えとはいえません。とはいえ、他のメーカーであれば問題なく良いというレベルです、

PW、8番、9番、7番…… と次々に使いました。

高弾道ですが、やや棒球系の弾道です。オートマチックに打ち出しから高めのボールになります。

引っかけにくい代わりに、フェード専用アイアンのように右に切れるボールが出ます。

飛距離は、僕の場合、クラシックなロフトのアイアンの1番手アップでした。

ただ、ボールがグリーンに落下してワンピンぐらいは前に行くのです。高さで止める感じで、スピン性能はあまり発揮されません。

ダフり、トップ目、左右にミスヒットしても、上下3ミリ、左右は1センチ弱ぐらいまでは、『ミズノプロ920 アイアン』が働いてくれて、大きなミスにはなりません。これはお見事です。

やさしいアイアンであることは、間違いありません。

また、『ミズノプロ920 アイアン』は、どの番手でも同じ感覚で打てます。これもお見事です。

もう一つ良い点は、わかりづらいですが、抜けの良さです。どんなライからでも、抵抗なく抜けます。

『ミズノプロ920 アイアン』は、どうしても芯に当たらなくて困っているゴルファーにオススメします。

腕に自信がないけれど、本格的なアイアンで、スイングをしっかりと固めたいと考えているゴルファーにもオススメです。

『ミズノプロ920 アイアン』は、最初はパワー不足になってきたゴルファーを助けるアイアンだと考えていましたが、打っていて、そうではないと思うようになりました。

未来を見据えて、初級者が使うのもオススメです。

カスタム専用オーダーモデルですので、フィッティングの結果で推薦されるゴルファーのためのアイアンです。

『ミズノプロ920 アイアン』は、『ミズノプロ』らしくないとも言えますし、『ミズノプロ』らしいとも言える不思議なアイアンです。

ミスショットを助けてもらいながら、徐々にナイスショットを増やしてレベルアップできるアイアンなのです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオの日200801-0901
フォーティーンIF700FG 200716-816

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901