「色」が「筋肉」に与える影響――勝負服は何色がいい?

みなさんはウェアやゴルフグッズを選ぶとき、どのようにして選んでいますか?

タイガー・ウッズのように「赤」で勝負でしょうか?

それとも毎回いろいろなコーディネートを楽しんでいますか?

今回は「色」が「筋肉」に与える影響についてご紹介します。


参考文献:『図解雑学よくわかる色彩心理』著:山脇惠子、ナツメ社、2005.10

無意識的に脳に与える「色」のチカラ

無意識的に脳に与える「色」のチカラ

getty

私たちの体は光や色に対して筋肉が反応するようにできています。

1910年にシュタインという人が実証し、この筋肉の変化を「トーナス変化」と呼びました。

「トーナス変化」は、色に対する効果は視覚からの影響ではなく、光線から無意識的に受けているものですので、コントロールすることができません。

もちろん、好きな色、嫌いな色で、ポジティブにもネガティブにも心は動きますが、光線による筋肉への影響は反射的なものなのです。

「青」いトラックを走れば記録更新?

「青」いトラックを走れば記録更新?

getty

最近、青色の陸上トラックが増えてきたと感じませんか?

実際に、日本にある約470ヶ所の公認陸上競技場のうち、30ヶ所ぐらいが青色になってきているそうです。

この背景は、青色トラックを使用した2009年世界陸上ベルリン大会で、世界新記録2つ、大会新記録5つ更新されたことがきっかけだと言われています。

国際カラーコンサルタント協会の資料によると、「青」の光線によってセロトニンの分泌が促進され、その結果安心・集中を高めるという効果があると示されています。

「赤」が、興奮するのに対して、青色には、脈拍・呼吸・瞬きの数が減少し、リラックス効果と集中力アップが期待されます。

「青」は「ゾーン」に入りやすくなる色と言えそうですね。

ベストパフォーマンスを発揮するにはどんな色を選べばいい?

ベストパフォーマンスを発揮するにはどんな色を選べばいい?

getty

通常の筋肉の状態を数値で23とすると、各色の光線に対する筋肉の変化は

赤:42
橙:35
黄:30
緑:28
青:24

という値になります。

数値が小さいほど筋肉が弛緩している「リラックスしている」状態で、反対に数値が高くなるほど、興奮状態を表します。

自分が落ち着いた気分のほうがパフォーマンスを発揮できるのか、それとも少し興奮状態のほうがいいのかによって、選ぶべき色は変わってきます。

アマチュアの場合は力みによって出るミスが多いと思いますので、個人的には「青」がオススメですね!

「トーナス変化」を上手に利用し、ベストスコア更新を目指しましょう!
お気に入り
Yanagi@JPDAドラコンプロ

JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitter("Yanagi"で検索! https://twitter.com/Out_Drive300)やブログデザイン変更も情報発ししていますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください。 https://drive4show.org/

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオの日200801-0901
ダンロップゼクシオの日200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901