【話題の新製品 試打データ取ってみました!】ヤマハ RMX120・220編

【話題の新製品 試打データ取ってみました!】ヤマハ RMX120・220編

お気に入り

こんにちは! マイゴルフクラブです(´▽`)

けっこう球数打ちましたけど、【試打データ取ってみました!】はまだまだ続きます(笑)。

今回、ご紹介するのはヤマハのRMX120とRMX220です。

なにが違う?

なにが違う?

getty

まずはRMX120とRMX220の違いからいきましょう!

RMX120……≪スピン性能≫≪コントロールのしやすさ≫

RMX220……≪飛距離性能≫≪芯の広さ≫

を重視して作っています!

私が特に注目しているのはRMX120です!

これまで、コントロール系のアイアンは打感を重視して軟鉄で作っていました。

今回のRMX120は≪クロムモリブデン鋼≫という素材を使っています!

軟鉄に比べて、≪反発力≫≪設計自由度≫が良くなるとのことで、ヤマハが長年こだわってきた軟鉄をやめたアイアンなので、その性能が楽しみです!

試打データ

試打データ

赤〇がRMX220、青〇がRMX120です。

RMX220は楽ですねー!

比較でデータは取っていませんが、前作のRMX218より飛んでると思います!

楽しみにしていたRMX120はびっくりするほど飛距離が出るという感じではないですね(´▽`)

私がびっくりしたのは≪弾道の高さ≫と≪許容性≫です!

上のデータで、160ヤード飛んでいるボールはしっかり芯に当たった感触がありましたが、150ヤードくらいのボールはハーフトップでした!

ハーフトップでもボールが上がってくれていました!

まとめ

まとめ

getty

RMX120とRMX220、どちらも発売が楽しみなアイアンです(´▽`)

RMX120が軟鉄ではなくなって「ロフト・ライ角が調整できないのか……」と思った方!

クロムモリブデン鋼は軟鉄みたいにライ・ロフト調整もできます(´▽`)

ぜひ、ヤマハのニューモデルRMX120・220を試してみてください!

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

それではまた次回に!

お気に入り
マイゴルフクラブ

はじめまして( ´ ▽ ` ) ゴルフショップ14年間勤務で得た商品知識とフィッティング技術、クラフト技術とUSGTFレベル2のティーチング資格を活かして2019年5月から上達したいゴルファーを応援するマイゴルフクラブと、インターネット上の商品販売でゴルファーを応援するマイゴルフショップを設立しました! 新製品ゴルフクラブの試打記事やスイングに関する記事で、皆さんのお役に立てればと思っています。 ゴルフの腕前はエンジョイゴルファーです( ´ ▽ ` ) よろしくお願い致します! https://shop.my-golf.club

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人