キャディバッグをネットで購入!?サイズや形状、収納力の違いは?

getty

キャディバッグをネットで購入!?サイズや形状、収納力の違いは?

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

そろそろ新しいキャディバッグが欲しいなぁ、と思っているんですが、キャディバッグのサイズや形状の見方って皆さんご存知ですか?

最近ではインターネットでキャディバッグ購入を検討しているゴルファーの方も多いと思います。そんなとき、サイズや形状を間違えないように購入したいものです。

サイズの見方をチェック!

サイズの見方をチェック!

getty

キャディバッグ○型と表記してあるものがサイズで、キャディバッグの大きさを表しています。

中には7.5型というスリムなものから10型以上の大型のものまで。

このキャディバッグのサイズは何を表しているのかと言いますと、キャディバッグの口径を表しています。

例えば9型のキャディバッグならば「キャディバッグの口径が9インチ」と読み替えることができるわけですね。

型の数字が小さければスリムに軽く、そして容量が小さくなります。大きくなるにつれて重く、大型になってくるんです。

7.5型の小型のキャディバッグはどんな感じ?

7.5型の小型のキャディバッグはどんな感じ?

getty

キャディバッグの選び方では、サイズ感と実際の使用感が非常に大切。

小型の7.5型でも14本のゴルフクラブは入ります。しかしけっこうギリギリで、大きなヘッドカバーをいくつも付けているのならば止めたほうがいいかも。

そしてカッパ(雨具)やシューズなどを入れようとすれば、正直厳しいと言わざるを得ません。

クラブや小物のみを入れて、他のシューズや雨具などは別のバッグに入れて持ち運ぶならば7.5型は便利です。

ただ小型でスリムなだけ、非常に軽くて持ち運びやすいんです。練習場はもちろん、家の玄関に設置するにしても幅を取りません。

容量は確かに少ないのですが、小型、軽量、スリムと三拍子揃ったメリットがあります。

ちなみに購入するときも比較的安価なものが多いのも特徴ですね。

9型以上の大型のキャディバッグはどんな感じ?

9型以上の大型のキャディバッグはどんな感じ?

getty

9型を超える大きなキャディバッグになると、容量に余裕が出てきてクラブを楽々収納できます。

小さなキャディバッグだと、ネオマレットタイプのスペースを圧迫するパターを入れるとき気になってしまいますが、大型ならば気にならなくなってきます。

そしてカッパやゴルフシューズなどを入れるポケットも充実していますので、収納力は抜群です。

キャディバッグにシューズや雨具などいろいろ詰め込んでおきたい人は、9.5型以上のサイズがおすすめです。

ただ容量が大きい代償として、やはり邪魔、重いというデメリットもあります。

玄関に置いてもスペースを圧迫。練習場へ行くときには重いバッグを持ち運ばねばなりません。

練習場だけのためにクラブケースを購入して使っている人もいるほどです。

こればっかりはなかなか両立できないポイントですよね。

収納力を調査 カートタイプは大容量

収納力を調査 カートタイプは大容量

getty

カートタイプとは、キャディバッグが直立するタイプのものです。

頑丈でポケットもたくさんついていますので、収納力はこちらが上。

ただ重くなりがちなので持ち運びには軽量タイプよりも少し分が悪くなります。ゴルフシューズを入れる大きなポケットもついています。

現在主流になっているカートでのプレーならば、まったく問題ありません。

アマチュアゴルファーの多くがこのカートタイプのキャディバッグを使用しています。

種類やデザインもたくさんありますので、好みのデザインのアイテムを見つけやすいのもメリットですね。

収納力を調査 スタンドタイプは持ち運びが便利

収納力を調査 スタンドタイプは持ち運びが便利

getty

スタンドタイプは文字通りキャディバッグにスタンドが付いていて、斜めに立てることができます。

担ぎでプレーする学生ゴルフの場合は、こちらのスタンドタイプが主流になっていますね。

収納力はスタンドがついている分だけ少なく、スタンドがついているほうは収納がありません。そのためゴルフシューズが入るような大きなポケットはないので注意。

カートにキャディバッグを乗せてプレーもするけれど担ぎのラウンドも行くというゴルファーは、スタンドタイプが持ち運びやすいのでおすすめです。

収納力ではカートタイプに劣りますが、持ち運びの利便性はスタンドタイプが上です。

キャディバッグのサイズや形状をプレースタイルで決めよう

キャディバッグのサイズや形状をプレースタイルで決めよう

getty

キャディバッグは、結局のところゴルフクラブやゴルフの小物が入ればいいわけなので、どちらがいいというものではありません。

よく行くゴルフ場が担ぎならば小さめのスタンドタイプ、持ち運びよりも収納力を取るならば大型のカートタイプとプレースタイルによって決めていきましょう。

あとはたくさんあるデザインやブランドから選ぶだけ。キャディバッグって練習場やゴルフ場の積み下ろしのとき、結構みんなに見られてますからね。

自分なりのこだわりを持って選んでみましょう。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人