パッティング上達のカギはイメージと実際のボールをアジャストさせること!

getty

パッティング上達のカギはイメージと実際のボールをアジャストさせること!

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

スコアメイクに一番大切とも言われるパッティング。パターとの相性や練習量なども関係してきますが、ただ闇雲に練習を繰り返すよりも効率的にパターが上達する方法があります。

そのカギとなるのがイメージと実際のボールをアジャストさせてあげること。一体どうすればいいのか、チェックしてみましょう。

ボールの強さ、転がりをイメージする

ボールの強さ、転がりをイメージする

getty

パッティングのときは傾斜や芝目、距離を確認します。そのときどれくらいの強さで、どの方向に打ち出したらいいのかを頭の中にイメージしてみましょう。

それもなんとなく、ではなく明確にイメージをするんです。

その通りにいくのかどうか、ちゃんとイメージした方向に傾斜があるのか、は別問題。このイメージを具体的にするのが非常に大切です。

このとき強気で正面から入れるのか、最後の一転がりでコロンとカップに吸い込まれるのかなど、そこまでイメージできるようにしましょう。

イメージした強さを素振りで再現

イメージした強さを素振りで再現

getty

イメージが固まったらどれくらいの強さでパッティングをすればいいのか、素振りをしてみます。

まずはカップを見て、大体の距離を目測。そしてその距離をどれくらいの強さで打てばいいのか想像してみてください。その想像した強さを、今度は素振りでどれくらいの振り幅なのかをチェックします。

ここでもイメージをなるべく具体的にしておきます。

カップとの距離感や曲がり幅、ボールが転がる軌跡をイメージできているはずなので、そのイメージにしっかりとアジャストさせるように素振りで調整してください。

素振り通りにパッティング。どんな球が出た?

素振り通りにパッティング。どんな球が出た?

getty

そして実際のパッティング。イメージして、それを素振りで再現、あとは実際にボールをパッティングするだけです。

そこで実際にはどんなボールが出たのか見てみましょう。イメージした通りにボールが転がったのか、それとも強さや傾斜の読み、振り幅、どれかがズレていたのかを確認します。

毎回きっちりイメージ通りのボールが出ないのは当たり前なので、あまり深く考える必要はありません。

とにかくイメージ、素振り、実打の中でどこがズレているのかをチェックするクセをつけておきましょう。

それぞれの工程でのズレを近づけていく

それぞれの工程でのズレを近づけていく

getty

パッティングはゴルフのショットと比べると、ものすごく短い距離を打つわけですから一見簡単そうにも思えます。

しかし短いが故にわずかなズレも許されず、ほんの少しのズレがカップの縁で蹴られたりもします。

どこかがズレていたらそれを自分の中で調整して、ちょっとずつイメージと実際のボールの出方を近づけていくようにしましょう。

これがパッティング上達の近道です。

ひたすらパッティングを繰り返すだけでも、もちろん効果はあるでしょう。

しかしさらに効率よくパッティング上達を望むならば、イメージと素振り、ボールの出方をそれぞれぴったりにアジャストさせるようにしましょう。

これができれば驚くほどパッティングが上達してきますよ。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG