パッティングこそパターの芯に当てることを意識しよう

getty

パッティングこそパターの芯に当てることを意識しよう

お気に入り

ドライバーはもちろん、すべてのクラブにおいて芯に当てることは重要です。

しかしあまり意識していないのがパターです。しっかり芯に当てていきましょう。

パットも1打です

パットも1打です

getty

今までのラウンドの結果を集計してみましたが、パット数にあまり変化がないような気がします。

一番改善できそうでなかなかできないパター。見直すところたくさんです。

どうも奏son輝です。

パット不振に陥いる原因は多数あります。転がり具合が安定しない。オーバーしたかと思えば力加減が分からず大きくショートさせる。

結果2オンしたのに3パットを連発してしまいスコアを崩してしまうことは多々あります。自分なんか最近は4パットを2回も連続しちゃいました。

パットに自信がないと、いくらショットが安定してもスコアは改善されません。同じ1打の重みを感じることは極めて重要です。

すべてはパターから始まる

すべてはパターから始まる

getty

グリーンオンして、ファーストパットで少しでもカップに近づけようと力んでしまうと、ボールはカップからどんどん遠ざかってしまいます。

もちろんその逆も考えられます。パットのショートはかなりチキン野郎と冷やかしも受けます。

パッティングの上達はいろいろありますが、1番良い方法は他人のパッティングを研究することだと考えます。

自分の悪い点はなかなか分かりませんが、他人のストロークを観察しているとパターの上達がなかなか早くならない原因はすぐに分かります。

例えば、アドレスの時点でソールが地面にベッタリ着いていたりすると、振り幅だけを意識してボールをヒットするので打点がバラバラになったりします。

他にもいろいろありますが、1番多い悪い例はこれではないでしょうか。

ボールの転がりを一定にするのに大事なのは、パターフェースの芯にヒットさせることだと思います。

芯でとらえるとボールは順回転となり、転がり具合も一定になります。

アドレスでパターフェースの芯がボールの芯に合う位置までソールを浮かせてからストロークする。極めて重要です。

パターの延長からアイアンそしてドライバー

パターの延長からアイアンそしてドライバー

getty

パットが苦手な人は、フェースの上っ面でボールの中心をヒットさせている場合が多いです。自分も始めたばかりの頃はそうでした。

パターフェースの芯にボールの中心をヒットさせるだけでパットが劇的に良くなりますし、ボールの勢いも変わってきます。

それに加えて自分はパットの際に振り子打法をイメージするようにしています。中心に当てて後は振り幅で距離を調整します。

しっかり転がり距離もしっかり合ってきますし、今までのパット数とは見違えるほどの結果が見えてくるはずです。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。100と99の違いはパットではないでしょうか。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA