アイアンがダウンブローに打てるようになるコツ3選!

getty

アイアンがダウンブローに打てるようになるコツ3選!

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

プロのようにバックスピンの効いた切れ味鋭いアイアンショットを打ちたい! と思っている方も多いはず。

そして自分が打ってみるとなぜか全然スピンがかからない、と嘆いている方も多いでしょう。

プロのようなアイアンショットを打つには、ダウンブローでのインパクトが必要不可欠。そこでアイアンがダウンブローに打てるようになるためのコツを3つご紹介します!

ダウンブローはまず意識から! ボールを上げようと思わない

ダウンブローはまず意識から! ボールを上げようと思わない

getty

アイアンがいつまでたっても打ち込めないという方は、ボールを高く上げたいという意識を捨ててみましょう。

上から打ち込んでしっかりバックスピンがかかれば、ボールはスピンで舞い上がります。

それをフェースの角度をインパクトで増やすような(フェース面を寝かす)動きをしてしまうと、払い打ちどころかすくい打ちになってしまいます。

これではいつまでもダウンブローに打てないばかりか、ダフりやトップなどのミスを連発してしまう原因となってしまいます。

ダウンブローはまず意識が大切! ボールを上げようと思わないでください。

ダウンブローは物理だ! 右手のひらが地面を向いているか?

ダウンブローは物理だ! 右手のひらが地面を向いているか?

getty

ダウンスイング中に右手のひらがしっかり地面の方向に向いているかを確認してみてください。

ダウンブローに打ち込めない、という方は打ち込めないような手の形になってしまっているんです。

ならばダウンブローに打ち込めるように、ダウンスイングで右手のひらを地面に向けてスイングしてみましょう。これができればボールを上から押しつぶすようなヘッドの動きが生まれます。

絶対に上から打ち込めないような身体の動きをしていては、そりゃ無理ってもんです。

ダウンブローは物理なんです。右手のひらがダウンブローで地面を向いているかチェック!

ダウンブローは手の形が重要! インパクトでは右手が上

ダウンブローは手の形が重要! インパクトでは右手が上

getty

ボールを打つ瞬間の右手と左手の位置関係も、ダウンブローには非常に大切な要素です。

ヘッドが上から入ってこなければいけないので、インパクトの瞬間は左手よりも右手が上に来ていなければいけません。

ダウンブローに打ち込めない人は、インパクトの瞬間、必ず右手の位置が下がってしまっています。

ダウンスイングでヘッドが身体の後ろに入り過ぎていたり、右肩が下がってしまったりするゴルファーはインパクトで右手が上に来ていません。

ダウンブローは手の形が非常に大事! インパクトで右手が上になっているかチェックしましょう。

身体の動きを確認しながら軽めのショットで身につけよう

身体の動きを確認しながら軽めのショットで身につけよう

getty

ダウンブローに打ちたいからといって、闇雲にスイングするだけではなかなか改善は見込めません。

こんなときこそ、どう動いているのか、どう動かしたいのか、自分のイメージと身体を対話させながら動きをチェックして練習していきましょう。

身体の動きを知るためには、しっかりスイングするよりも軽めのショットで繰り返し練習するのが効果的です。

そして動きのチェックポイントを1つ1つ克服して、ダウンブローを習得していきましょう。

ボールの先にごっそりターフが取れる、プロのようなアイアンショットってかっこいいですからね。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人