ヘッドを走らせる!“L&」”打法とは?

getty

ヘッドを走らせる!“L&」”打法とは?

お気に入り

いろんなレッスンを読んでいると「肩を十分回せ!」というものが多いと思いますが、セベケンさんは、ほとんど「肩を回す」という意識は持っていません。

なぜなら大事なのは、クラブヘッドに仕事をしてもらう! ということなので、中心がいくら回っても末端まで、その効力が伝わっていなかったら「空回り」だからです。

実際、プロとアマのスイングを見比べると分かりますが、アマチュアのほうが旋回してますよ!(´∀`*)ウフフ

ということで? 効率上げる“L&」”打法の巻!

最初のLは、バックスイング

最初のLは、バックスイング

いくら体が回っても、クラブを旋回させなくちゃ意味がない! ボールを打つのは? 

そう、クラブヘッドですから!

ということで、バックスイングで、この写真のようにLの字を作ります。

このLの字の作りが早いと、アーリーコック、遅いとレイトコックなどと呼ばれますが、どちらにせよ手首をこねたりしないで、アドレスの手首の型を保ったまま、このL字を形成することが大事です。

バックスイングで、このL字ができれば、もうすでに十分なエネルギーをクラブに伝える準備ができたということです。

アマチュアの方は、ここからさらに大きく振りかぶったり、必要以上に体を回そうとして、エネルギーロスしたり、ミート率を下げていたりするのです。

フォローの」

フォローの」

getty

で今度は、バックスイングと左右対称になるように、フォローで逆Lの字、つまり【」】を作ります。バックスイングでLを作るのは容易ですが、多くのアマチュアゴルファーは、こっちの【」】が、上手に作れなくて、クラブヘッドが走っていかないことが多いのでは?

この逆Lになる感じをつかめると、闇雲に体を大きく回さなくても、楽に飛ばすことができますし、正確性も増します。

若い20代のトッププロの大きなフォローを、普段運動もあまりしない、もっと上の年齢の人が真似しても無理があるでしょ!(´∀`*)ウフフ

ということで、バックスイングのL字と反転する位置で、フォローで【」】の字を作るのが、簡単低出力高効果のスイングになるわけです。

フィギュアスケートって、手を小さくすぼめると、高速回転になるでしょ! だからダウンスイングでは、右手を小さく、フォローでは左手を小さく使うんですよ!

大きなフォロー? それ何のため?(?_?)

トップ止めスイング

多くの人は、バックスイングで必要以上に体を回転し過ぎます。

今のスイングの8割で十分です。残りの2割は、フォロースルーのために、余力を残して取っておくんです。

みんなインパクトまでで、全精力を使い果たすようなスイングをしています。

ですので、ヘッドスピードが変わらない女子プロのほうが、はるかに飛んでしまうのです。

この過剰になり過ぎないバックスイングを体得するには、切り返しでの、ストップモーション♪ 藤田寛之プロがお手本です!

私も真似してみましたが、このほうが、フォローまでクラブヘッドが加速して行きます! お試しを!(^_-)-☆

いろんなレッスンの「言葉」に翻弄されてませんか?

お気に入り
セベケン

ラウンド歴も45年以上になりました。 パーシモンも未だに使っています。 中古クラブの収集&使用は1000本を超えた? 「二本オープン」という2本のクラブの競技も開いております。 師匠は、あの!村口史子プロと同じ! FBに「セベケンのゴルフ」ページあります。 https://nihonopengolf.jimdo.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG