ボールを置き直す「6インチプレース」について正しく知っておこう

getty

ボールを置き直す「6インチプレース」について正しく知っておこう

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

みなさん6インチプレースっていう言葉、ルールを知っていますか?

競技へは参加しない、というゴルファーの中には、案外正しい知識として持っていない人もいるかもしれません。

6インチプレースについて、もう一度正しく確認していきましょう。

6インチプレースはローカルルール!

6インチプレースはローカルルール!

6インチプレースとは、自分のボールを6インチ(約15.24センチ)で動かしていいというルールです。

この6インチプレースはルールブックに規定されている正式なルールではありません。あくまでローカルルールなのです。

そのためなんでもかんでも6インチプレースをしていいわけではありません。

競技に出るときには当然NG。

仲間内でのゴルフしかやらないよ、というゴルファーには正式なルールとして勘違いしている方もいらっしゃいます。

でも6インチプレースは正式なルールではなく、あくまでローカルルールの1つなんです。

6インチプレースはどんなときにやってもいいの?

6インチプレースはどんなときにやってもいいの?

getty

一般的にはコース状態が悪いときや、ディボット跡にはまってしまったときなどに多く使われます。

ただ条件が悪いときに限らず、6インチ以内なら置き直してもいいよ、というルールなんですね。

本来であればゴルフは「あるがまま」ボールを打つのが基本になります。6インチプレースの有無を必ずコースへ出る前には確認するようにしましょう。

また6インチプレースを採用すると、芝に沈んでしまったライや、少しずらせば打ちやすくなるといったケースにも使えてしまうことにもなります。

そのため6インチプレースについては賛否が分かれるところでもあるんですね。

6インチプレースでボールを置き直すときの注意点

6インチプレースでボールを置き直すときの注意点

6インチプレースでは、ボールをプレース(置く)します。ドロップとは違うので注意したいポイントですね。

またボールをプレースする場所は、今あるボールの位置からグリーンに近づかない場所にプレースしなければなりません。

ハザード外のボールは置き直してもOKですが、グリーンには近づいちゃダメなんです。

もちろん6インチの長さを超える場所にはプレースしてはいけません。

でもときどきいるんですよ。「6インチプレース使うね!」と言いながら1メートルとか動かしちゃう人……。

ちゃんと15.24センチ以内にプレースしましょうね。

いつでもどこでも6インチプレースはおすすめしない

いつでもどこでも6インチプレースはおすすめしない

getty

6インチプレースを採用するコンペなどのゴルフは比較的多いと思います。競技ではない緩いゴルフになればなるほど、採用率が増えてくる傾向にあります。

例えばディボット跡や芝に沈んでしまったり、木の根が近くにあったり。こんなとき本来のルールではそのまま打たねばならないのです。

しかし6インチプレースに慣れてしまうと、どんな状況でも“いいライ”からしか打てなくなってしまいます。常に最良の状態でのショットに慣れてしまうんですよね。

なので普段からできれば6インチプレースは使わず「あるがまま」の状態でプレーをおすすめしたいと思います。

6インチプレースについて、正しい知識を持ってゴルフを楽しんでいきましょう。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。