左を軸に!スライサーは自分の体をドアに見立てましょう

お気に入り
なかなか100を切れないのは、忌々しいスライスボールが原因だという人も多いことでしょう。

スライスの原因は数え切れないほどありますが、スイング軸がズレることによるスライサーも実に多いのです。

その典型が、バックスイングで右サイドが流れ、右足体重のままカットに打つスイングです。

左肩を回さなければという意識が強過ぎると、軸がズレる

左肩を回さなければという意識が強過ぎると、軸がズレる

getty

右ひざや右腰が外へズレることの原因は複合していますが、矯正法としてスイングのイメージを変える方法があります。

というのも、左肩を回さなくてはいけないという意識が強過ぎるあまり、結果としてスイング軸がズレることがあるからです。

そういう人は、左サイドを軸にして右サイドを回すといいでしょう。

自分の体がドアになったようなイメージを持つ

自分の体がドアになったようなイメージを持つ

getty

どういうことかと言いますと、意識を左肩ではなく、右肩に持ってきて「バックスイングは右肩を後ろに回すもの」というとらえ方をするのです。

自分がドアになったとイメージしてみましょう。

蝶つがいのついているサイドを体の左サイド、ドアノブがついているサイドを体の右サイドに見立てます。

するとドアを開閉するには、右サイドを回せばよいのです。右肩を90度回せば、左肩も入ってきます。

要するに、肩は回らなければいけませんが、左肩を回そうとするあまり、バックスイングで軸がスウェーするのであれば、右肩を回すと考えてみるのです。

左サイドを軸にして、右サイドを動かすイメージを持つ

左サイドを軸にして、右サイドを動かすイメージを持つ

getty

アドレスの位置から右肩を後ろに回せば、右腰が外へ流れることはなくなります。むしろ、スムーズに上体を捻ることができるはずです。

左サイドは軸ですから、元の位置に戻すことだけを考えます。

右利きの人であれば、左肩よりも右肩に意識を持っていったほうが、バックスイングが滑らかになるのです。

左サイドを軸にして、右サイドを動かすイメージでスイングしてみると、カット打ちの悪癖も治り、スライスボールは激減することでしょう。
お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。