打ちっ放しで「仕事」も「練習」も達成してみよう!

getty

打ちっ放しで「仕事」も「練習」も達成してみよう!

お気に入り

仕事? と思われました? そう、令和元年になった今「仕事」は「9 to 6」で、会社のためにすべてを捧げる時代は崩壊してきています。

「ワークライフバランス」「リモートワーク」「副業」といった言葉が日本でも浸透してくるようになりました。「仕事」はもう会社だけで使う言葉ではなく、自分のライフワークも「仕事」になります。

私も経営コンサルタントの仕事をしながら、空き時間や週末にブログや副業をするのですが、やりたいことが多過ぎて、3時ごろには疲れ切っています。

たとえば:

‐やりたいことがたくさんあって、ずっと同じ場所で作業に集中できない。

‐家だとゴロゴロ、カフェは人に囲まれて息苦しいし、何時間もコーヒーは飲めない。

‐同じ姿勢でずっと作業だと、体がしんどい。

しかも、練習不足でコースで大叩きすることが増えてきた最近、練習の時間もしっかり確保せねばと思ってました。

そこで!

練習場で「ゴルフ」と「仕事」をタスク化して、やるべきタスクをゴルフの練習場で終わらせるというSolution(ソリューション:解決策)を見つけました。

「練習場」という環境で、メリハリをつけて、練習と仕事をこなしていくのです。

ゴールを決めて、練習も仕事も区切ってやり抜こう!

ゴールを決めて、練習も仕事も区切ってやり抜こう!

練習も仕事も「どこまで今日はやるのか」を決めておく必要があります。

決めないとそもそものやる気とやり抜く力が不足するので、しっかりと決めましょう。

例えば、

【仕事】

①ブログを2つ完成・投稿

②メルカリで5冊の本を出品、ふるさと納税5万円分の商品を選んで買う

【練習】

①本番想定の練習で「ウッド」+「アイアン・ウェッジ」を交互に打ち、9ホール分繰り返す。OB=0をターゲット

②50ヤード以内を100球、徹底的に練習

休憩時間はランチとたまたまやっていた試打会をはさみました(笑)。

これが終わるまで、タスクをゴールしたとは言えません。終わるまで帰らないと決めて、頑張ってみてください。

一球一球大事に打つことの大切さ。

練習では、スコアをカウントしないし、ボールがなくなっても、痛くもかゆくもないですよね。

ただ、都内の練習場だと1球12~22円くらいします。

パソコンタスクが終わると体を動かしたくなります。これはまさに、ラウンドのランチ後の感覚と似ています。

しっかりそこから、本番を想定して、ウッドとアイアンを真っすぐ打てるかイメージしながら取り組んでみたらいいかも。

しっかり一球一球大事に打って、練習が終わったら、次のタスクに取り掛かりましょう。

仕事ができる環境はゴルフ練習場にもある

仕事ができる環境はゴルフ練習場にもある

「ゴルフのほうは分かったけど、そもそも仕事ってゴルフの練習場でできるの?」と普通は思いますよね。

練習と仕事やるなら充電とwi-fiが欲しい。

椅子とテーブルがないとそもそもできない。

夏は暑いから無理。

とかいろいろ……。

僕が東京都内でおススメする練習場は、メトログリーン東陽町です。

詳細は以下に貼りますので、興味があれば見てみてください。

お気に入り
Morry Jr.

香港出身(日本とハーフ)でジュニア時はシンガポール・香港で競技ゴルフをしていました。ベストスコアは69です。現在は経営コンサルティングの仕事をしながら、ライフワークにゴルフを入れながら皆さんにゴルフの魅力を伝えていきたいと思っています。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH