新・貧打爆裂レポート『XXIO プライム』ウッド編

新・貧打爆裂レポート『XXIO プライム』ウッド編

お気に入り

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年3月9日にダンロップスポーツが発売した『XXIO(ゼクシオ)プライム』のウッド編です。

いつものようにコースに持ち込んで打ち込んできました。ヘッドスピード37メートル/秒以下の人のためのXXIOの実力は? 動画も含めてレポートします。

非力なゴルファーを最新テクノロジーで助ける!

非力なゴルファーを最新テクノロジーで助ける!

『XXIO プライム』は、2年でモデルチェンジをしています。前作が2017年モデルで、新しいセットが2019年モデルになります。

『XXIO プライム』は、ヘッドスピード37メートル/秒以下のゴルファーのために作られたクラブです。

体が回り切らずに、アウトサイドイン軌道でスライスになってしまうゴルファー。ボールが上がらずに、飛距離が出ないゴルファー。

オールドゴルファーだけではなく、女性のゴルファーが使うのもありです。

前作はソールがゴールドだったのですが、新しい『XXIO プライム』はベースがブラックになって、ロゴやウェイトがゴールドとなりました。

派手過ぎず、シック過ぎず、ほど良い高級感があるところは、さすが、トップブランドのクラブです。

『XXIO プライム』のウッド系のラインアップは、ドライバー、フェアウェイウッド(#3、#5、#7、#9)、ユーティリティ(H5、H6、H7、H8)となります。

試打したのは、ロフト角が、10.5度と11.5度のドライバー、3番と5番のフェアウェイウッド、5番と6番のユーティリティです。

シャフトは、新しい『XXIO プライム』のために開発された「SP-1000」のカーボンシャフトのRフレックスです。

夢を見せる特別なクラブに感心する!

動画を見てください。

『XXIO プライムドライバー』は、ちょっと特別です。

超高弾道です。何もしなくとも、打ち出しから高いボールになります。

そして、カットに打たなければ、引っかけてしまうような挙動をします。このドローを超えて、フックを打たせるぐらいの極端な動きが特別なのです。

スライスばかりでドライバーが苦手だと諦めているゴルファーには、特別なお助けドライバーになる可能性があります。打ってみることをオススメします。

右を向いてしまうクセがあって、右へのミスに苦しんでいるゴルファーにもオススメです。

普通に打つと、左に打ち出されて、さらに、ドローしますので、普通にドライバーが打てるゴルファーは、『XXIO X(テン)』ドライバーのほうが、良い結果が出ると思います。

『XXIO プライム』のウッドで面白いのは、フェアウェイウッドとユーティリティはドライバーほど特別ではないことです。

ややボールをとらえる動きはしますが、特別とはいえない程度です。

高弾道で、ボールを拾いやすいのは共通しています。トップ目のボールでも、十分な浮力がありますし、多少のダフりでもソールが滑って助けてくれます。

妻にも打ってもらいました。彼女のヘッドスピードは『XXIO プライム』のターゲットにぴったりです。

手離したくない、というくらいに、良い球を打ちまくっていました。飛距離も出ているようですし、ユーティリティはグリーンで見事に止まります。

動画で打っているのは3番のフェアウェイウッドです。

ちなみに、『XXIO プライム』には、女性用に少し長さを短くした特注バージョンがあります。

女性にも使ってほしいという意図と自信を感じます。

フェアウェイウッドとユーティリティは、ある程度打てる女性にオススメです。ゴルフを変えてくれる可能性があります。

『XXIO プライム』のウッド系は、『XXIO』のテクノロジーを満載した最新のクラブです。

フェアウェイウッドやユーティリティが、ちゃんと機能するということはすごいことです。

ドライバーばかりが注目されて、オマケのような位置付けで、完成されたクラブとして機能しないフェアウェイウッドとユーティリティが市場にはけっこうあるからです。

『XXIO プライム』で、特にフェアウェイウッドとユーティリティは本当にオススメです。

隅々まで妥協せずに作ってあると、心から感心しました。もう少し安ければ、妻にプレゼントしたいクラブです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH