サングラスの着用は三文の徳!?サングラスの効果とは?

getty

サングラスの着用は三文の徳!?サングラスの効果とは?

お気に入り

いよいよ夏本番!

ラウンド中の紫外線が気になりますね。サングラスをかけることには様々なメリットがあるので、私はサングラスをかけることをお勧めします。

できれば春夏シーズンと言わず、通年着用をお勧めしています。

サングラスをかけるとどんなメリットがあるのか、いくつか紹介させていただきます。

眼精疲労の蓄積を防ぐ

眼精疲労の蓄積を防ぐ

getty

屋外に長時間いると目が痛くなったり、頭痛が起きたりすることはないですか?

これは紫外線が原因です。ゴルフ中に限らず、屋外に長時間いる場合は目にたくさんの紫外線が入ってきます。

特にゴルフ場の芝は通常のアスファルトよりも紫外線の反射が多いため、通常の屋外にいる場合よりも受ける紫外線の量が多くなるので要注意!

ラフやフェアウェイでは芝目が揃っていないので、眩しさは感じないかもしれませんが、グリーン上は芝目が揃っている関係で、紫外線の反射率も高くなっています。

サングラスは紫外線をほぼ100%カットしてくれる効果があるので、眼精疲労を予防してくれます!

お肌のシミ予防にも効果があるという研究結果も!?

お肌のシミ予防にも効果があるという研究結果も!?

getty

女性は特に、紫外線によるお肌の日焼けやそのあとのシミを気にしている人は多いですよね?

そのためにラウンド前やホール間の移動の合間に一生懸命日焼け止めをお肌に塗っていると思います。

日焼け止めによってお肌の日焼け≒火傷を予防することはできますが、シミを予防できるかどうかは少し疑問が残ります。

お肌にシミができる原因は目から入った紫外線という研究結果もあるぐらいなのです。

梅雨明けから紫外線が強まる時期は日焼け止めと合わせてサングラスを着用すると眩しさの軽減だけでなく、シミも予防することができます。

打球や花粉から目を保護できる!

打球や花粉から目を保護できる!

getty

3点目のメリットは物理的に目を保護するメリットです。

滅多に起こることではありませんが、打球事故で最悪なケースが目にゴルフボールが当たってしまった場合です。

飛んできた打球が目に当たるケースはごく稀ですが、国内でもゴルフボールが目に当たってしまった実例はあります。

もしものことを考えて、大切な目を保護する意味でサングラスを着用するというのも大事な予防手段です。

また花粉症の方にとってもサングラスは強い味方になってくれるはずです。

花粉症でマスクを着用して口と鼻を塞ぐ人は大勢いますが、目を保護している人はまだまだ少数派ですね。

口と鼻を塞いでも目の粘膜が露出しています。目を守る場合、水泳のようなゴーグルを着用するのがベストですが、さすがにゴルフ中にゴーグルはかっこ悪いので、サングラスを着用したほうがいいでしょう。

サングラスやメガネを着用することで70〜80%程度は花粉をカットすることができると言われています。

サングラスを着用することはメリットだらけなので、ぜひゴルフ中は着用する様にしましょう!

お気に入り
Golf72

ゴルフにハマりすぎてゴルフで独立! フリーランスとしてゴルフ場の経営支援、 ライティング、サイト運営などゴルフを仕事に繋げています。 http://www.golf72.net/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA