新・貧打爆裂レポート『エクソー SEVEN MINI S パター』

新・貧打爆裂レポート『エクソー SEVEN MINI S パター』

お気に入り

今回の貧打爆裂レポートは、2019年4月19日にオデッセイが発売した『エクソー SEVEN MINI S パター』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。オデッセイの大人気モデル『エクソー』シリーズの追加バージョンのパターの実力は? 動画も含めてレポートします。

エクソーの良さにトレンドを取り入れたパター!

エクソーの良さにトレンドを取り入れたパター!

『エクソー SEVEN MINI S パター』は、オデッセイが2019年4月19日に発売しました。

『エクソー』はオデッセイの技術を集約した最先端のパターシリーズで、『SEVEN』は過去に世界のツアーで勝利を重ねたオデッセイの代表的なパターの形状です。

『エクソー SEVEN パター』もヒットしてしていますが、追加バージョンとして、ヘッドを少し小ぶりにしたのが『エクソー SEVEN MINI S パター』です。

『エクソー』の特徴は、外周部の黒い部分はステンレススチールを採用して、中央の赤い部分はアルミニウムで作られていることと、大きな橋のような骨組みが見えることです。

慣性モーメントを大きくして、ミスヒットに強くする効果と、最適な重心位置でボールをヒットできるような工夫が詰まっています。

ヘッドを小さくしてしまえば、それらの効果が薄れるのではないか? と心配をする声が聞こえてきますが、それも『MINI』の狙いなのです。

『エクソー SEVEN MINI S パター』は、やさしさを追求することで鈍感になってしまっている部分を修正してほしいというツアーからの要望に対応したものだと推測できます。

オデッセイは、世界中のツアーで使用率1位を記録していますが、ツアープロだからこその「敏感さ」を求める声に応えることで、さらに、その地位を確実なものにしようとしているのです。

『エクソー SEVEN MINI S パター』が生まれた背景を知れば、自然と興味を持つゴルファーはアマチュアでもたくさんいます。

『エクソー SEVEN MINI S パター』は、フェースインサートで順回転を生み出すテクノロジーとして最も優れていると名高い「ホワイト・ホット・マイクロヒンジ・インサート」も搭載しています。

黒と赤のボディーのコントラストに、白いフェースという取り合わせは、最高の技術に自分のパッティングが支えられているという自信の源になります。

パターは見ただけで入りそうだと感じるものが、本当に一握りだけ存在します。僕は、『エクソー SEVEN MINI S パター』に、それを感じました。

敏感さを強い転がりで感じろ!

動画を見てください。

『エクソー SEVEN MINI S パター』のテクノロジーの多くは、転がりが良くなる効果を狙ったものです。

打ってすぐにわかるのは、転がりの『強さ』です。良いを通り越して、強いのです。

最初にテストしたグリーンが、メンテナンスが終わったばかりでエアレーションの穴が開いていましたが、その穴に負けないのです。これがわかったことは、不幸中の幸いでした。

『エクソー SEVEN MINI S パター』は、まずは、ストレートラインを安心して打つことができます。

強いボールでも、距離感が狂うことはありません。ショートパットも、ミドルパットも、ロングパットも、無理なく振り幅でタッチを合わせることが可能でした。

少し心配をした下りのパットでは、『MINI』の敏感さが発揮されます。優しいタッチも得意なのです。

改めて基本的なことを書きます。

『エクソー SEVEN MINI S パター』は打音がちょうど良いのも魅力です。音の高さ、音の質、音量と、何も変なところがないのです。

ちょうど良くすることは、当たり前のようで、実は結構難しいことなのです。本当に上手く作ってあると感心しました。

「ショート・スラント・ネック」は、ベントネックよりも敏感さが強く出ます。微調整ができるテクニックが活かされる反面、ビビッたりするミスがボールに伝わりやすい弱点もあります。

『エクソー SEVEN MINI S パター』は、その部分も良いのです。

構えたときに、こちらがマスターモデルではないかというぐらいに違和感がなく、スッと何も考えずに構えることができます。

実際に3ラウンドほどテストしました。

プレッシャーがかかったシーンで、ストレートに転がることに自信があることは頼もしいのです。

『エクソー SEVEN MINI S パター』は、パターにある程度の敏感さを求めるゴルファーにオススメです。

上級者向けだと決めつけて考えることはありません。敏感なパターを好むかどうかは、実は、腕前よりも感性の問題だからです。

例えば、距離感は合わせられるのに、方向が微妙に狂うことに困っているというゴルファーは、パターが鈍感すぎる可能性があります。『エクソー SEVEN MINI S パター』を使ってみることをオススメします。

慣性モーメントを大きくするためにヘッドが大きいパターは、それはそれとして合うゴルファーがいます。

小さいヘッドのパターがちょうど良いゴルファーもいます。

『エクソー SEVEN MINI S パター』は、良いとこ取りでバランスの良いパターなのです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG