まずは自分に合うドライバーを探す!ゴルフ女子のためのクラブの選び方#3

getty

まずは自分に合うドライバーを探す!ゴルフ女子のためのクラブの選び方#3

お気に入り

ボールを狙ったところへ運ぶためのゴルフクラブ選び。

まずはウッド! 中でもドライバーついて見ていきましょう!

最初の一打をしっかり振り切れればそのホールはグッドスタートが切れますよ!

ウッドの役割 ボールが上がりやすく、転がりやすい

ウッドの役割 ボールが上がりやすく、転がりやすい

getty

ウッドは以下の通り、別名を持っています。

ヤード数は「ゴルフに慣れた女性の方」の平均飛距離。一概には言えませんが、だいたいの目安です。

初心者だと、マイナス20ヤード程度を目安にするといいようです。

1番(1W)ドライバー(Driver)170ヤード
2番(2W)ブラッシー(Brashie)170ヤード
3番(3W)スプーン(Spoon)160ヤード
4番(4W)バフィー(Baffy)150ヤード
5番(5W)クリーク(Cleek)140ヤード
7番(7W)130ヤード
9番(9W)120ヤード

ピンポイントで狙うには不向きですが、グリーンに近づけるという意味ではウッド系クラブは不可欠。

特に力のない女性にとっての強い味方になります。

最初の一打はドライバー! ロフト角とシャフトのことを知ろう!

最初の一打はドライバー! ロフト角とシャフトのことを知ろう!

getty

朝一、最初のティーショット。

ドライバーでしっかり球を打てれば、気分も上々! 幸先良いスタートが切れます。

ゴルフクラブの中で最も長いドライバーは、一番遠くにボールを運ぶことができるクラブです。

ドライバーに関しては、各メーカーが、こぞって新商品を開発。できるだけ、まっすぐ、遠くに飛ばすための技術を競っています。

もちろん、スイング改善が一番ですが、クラブの力でより良いスイングに近づける、ということも!

「初心者用のクラブ」という位置付けは賛成しかねますが、「自分に合うクラブ」を選ぶことは大切です。

飛距離の決め手、ロフト角とは、シャフトの中心線を含む垂直平面とフェース平面との間の角度のこと。一般的にロフト角が小さい方が、飛距離は大きくなります。

ただ、力がなく、ヘッドスピードの出ない女性の場合、ロフト角の大きいクラブを選択するほうが、飛距離が伸びることが多いです。

そしてクラブが軽いと、ヘッドスピードも上がりますから、ロフト角が大きく、より、軽いドライバーを選択することで、非力な女性でも、180ヤード前後飛ばすことが可能になるのです。

次にクラブのシャフト。より遠くまでボールを打つために、自分のヘッドスピードに合わせたシャフトを選ぶことが大切です。

クラブシャフトは、「L→A→R→SR→S→X」の順番で硬度が増します。

参考になるヘッドスピードは「30→35→40→42→45→50」程度です。

一般的に女性はL、男性はRが基本と言われていますが、メーカーやモデルによって違いがありますので、あくまでも目安にしてください。

好きなブランドをチョイス! も正解(^^)

好きなブランドをチョイス! も正解(^^)

getty

ヘッドスピードや、スイングのクセにあわせてリシャフト(シャフト交換)する人もいますが、これが、なかなか難しい(^^;)

専門店でフィッティングしてもらうのがベスト。ただお値段もかなり高額に!

なので、たいていのゴルファーは既製品をセレクトして、「クラブに合わせる」ことになります。もちろん、私も(^^)。

次の回で触れますが、アイアン、ウェッジからウッド、ドライバーまで、同じラインで揃えるのが、一般的。まずは軸になるドライバー選びです!

女性で初心者なら、見た目&イメージ先行で選ぶのも、ありかな、と思いますよ。

テンションが上がると、メンタルがアップ!

これ、ゴルフに欠かせない要因ですから!

まず、お気に入りのドライバーをセレクトしましょう!

お気に入り
さくら

ゴルフを始めて6年目。紆余曲折中のまだまだ新米ゴルファーです(^^) そろそろ真剣に取り組みたいと思い、インドアレッスンに通い始めました。 月1〜2回のラウンドと、これまでの経験から得たEnjoy Golfのポイントを、楽しく綴りたいと思います!

このライターについてもっと見る >
GN20190618-0722

次の記事

まずは自分に合うドライバーを探す!ゴルフ女子のためのクラブの選び方#3

カートに追加されました。


×
グリッジカップH
GN20190618-0722