上達のために!距離感はひとつのボールを使い続けてこそ磨かれます

お気に入り
皆さんにはエースボールはありますか?

特にこだわりがないという人が意外と多いのですが、使用ボールをひとつ決めたほうが経験上では良いように思います。

ボールのタイプ

ボールのタイプ

getty

ゴルフは球技の中で唯一、自分自身で使うボールを選べるスポーツです。

例えば野球のピッチャーが「変化球が曲がりやすいから、硬球じゃなくて軟球で投げます」なんてあり得ないですからね。

ゴルフボールのタイプは、大きくスピン系とディスタンス系の2つに分類されます。

最近はその中間に位置する第3のボールもありますが、選択肢があまりないので、上記2つのタイプと言っても差し支えないでしょう。

一言で言えば、スピン系は中心が固くて外側が柔らかいもの。

値段も比較的高めですが、ショートゲームの距離感を重視するタイプが好んで使うボールです。

ディスタンス系は中心が柔らかく外側が固いもの。

その名の通り、飛距離を重視しており、初心者でも気軽に使えるように値段も安めに設定されています。

どっちを選ぶかどうかは、本人が何を重視するかによりますが、一言で言えば「好み」です。

私のエースボール

私のエースボール

amazon

私はスリクソンのZ-STAR XVというボールを好んで使っています。かれこれ、7~8年はずっと使い続けます。

とはいえ、いつも浮気したくなるというか憧れている、自分が使いたい特定のボールがあり、その度に3個だけ買って試してみるんですが、やっぱり合わないんですよね。

性能的にはエースボールと遜色なく、普通に使えるはずなんですが、距離感だったり、自分のイメージと噛み合わなくなります。

ドライバーはそこまで変わらないのですが、特にアイアンだと自分のイメージする弾道と違う球筋が出てしまいます。

そのイメージの違いがスイングによるものなのか、ボールによるものなのかがラウンド中には分からなくなって、ドツボにはまって、スコアが崩れてしまいます。

また、ここは感覚による部分が大きく、なかなか言語化できない部分なのですが、何より、アプローチ・パットの距離感が完全に狂ってしまいます。

自分がイメージしているものと違う結果が出てしまうと、途端に自信が持てなくなり、ショットの度に不安に陥ってしまいます。

これまで何回も浮気していますし、懲りずにこれからもするでしょうが、結局はこのボールに戻ることになります。

ひとつのボールを続けてこそ磨かれる距離感

ひとつのボールを続けてこそ磨かれる距離感

getty

距離感はひとつのボールを使い続けてこそ磨かれるものだと思っています。

特に繊細なタッチが求められるアプローチやパターだと、そこが狂ってしまうと、ゴルフになりません。

毎回違うボールを使ってゴルフをしている方をよくお見受けしますが、ブランド毎に特徴や性能が異なるので、まったく同じスイングをしていたとしても、結果が変わってきます。

選ぶボールによって、キャリーも変わりますし、着弾してからのランも変わります。

ドライバーは1ヤードでも距離が欲しいので、飛ぶようになるのはうれしいことかもしれませんが、アプローチで50ヤード打つつもりが、70ヤードになってしまうというのはまったくうれしくないですね。

自分でエースボールをひとつ決めて、距離感を磨くことを心がけましょう。

その上で、距離が足りないとか、スピンをもっと増やしてグリーンに止めたいとか、自身の課題を補うためにボールを変えることが上達の秘訣と言えるかもしれません。
お気に入り
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアバナー210617-27
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721