ドライバーのアドレスで注意することとドライバーの選び方について

getty

ゴルフ初心者

ドライバーのアドレスで注意することとドライバーの選び方について

0

ドライバーのコツについて解説します。

「OBが怖くて、ゴルフ場でドライバーを持てない」という悩みを抱えている人も多いですよね。

ドライバーのコツをつかめば、安心してドライバーを選択でき、飛距離を稼ぐことができるのでスコアメイクにも役立つはずです。

ミスの原因の8割はアドレスの向き

「ドライバーが自分の思った方向に飛んで行かない」そんな悩みを抱えている方のほとんどがアドレスの向きを間違っています。

アドレスの向きを自分で修正するのは難しいので、同伴者に自分の後方に立ってもらい、肩のラインが目標方法に向いているか確認してもらいましょう。

アドレスの向きを確認してもらった後、素振りをしてしまうと向きがずれてしまう可能性があるので、アドレスの向きをチェックしてもらったら極力素振りはせず、そのままボールを打ちましょう。

アドレスが目標方向よりも右を向いてしまう理由は2つあります。

肩のラインを目標方向に向けている

弓道やアーチェリーのように体の側から矢が飛んでいく場合は肩のラインを目標に向ければそこに矢が飛んで行きます。

ただ、ゴルフの場合は体とボールが離れています。

肩を目標物に向けるとボールは肩のラインと平行して飛んで行き目標よりも右方向へ飛んでいってしまうということです。

前傾姿勢

初心者でも多くは、素振りの時はリラックスした状態で目標を見ながらスイングしているので、正しい向きで立つことができています。

しかし、いざアドレスに入り前傾姿勢になってボールに目を落とした瞬間、肩のラインが右に向いてしますのです。

素振りをしていた足の位置とアドレスに入った時の足の位置がズレていないか確かめてみることでセルフチェクができます。

ドライバーのヘッドとシャフトを見直そう!

スイングフォームと合っていないクラブを使っていると、思うようにボールをミートすることができません。

また、スライスが出たりフックが出たりミスの頻度が高くなってしまいます。ドライバーの安定感を出すには、自分に合った道具を使うことも重要なポイントです。

道具を選ぶ点で気をつけてほしいのが次の3つです。

ヘッド(形、ロフト)、シャフトの硬さ、シャフトの重さです。

他にもシャフトの調子やトルクなどもありますが、ティーショットに悩んでいる初心者の場合は、ヘッドの形状とロフト、シャフトの硬さ、シャフトの重さだけこだわれば大丈夫です。

ヘッドの形状

ゴルフを始めたての時はできるだけやさしいモデルのヘッドを選ぶことをお勧めしています。やさしいヘッドのポイントは2つ。

①シャローヘッド

いわゆる大きめのヘッドです。大きめのヘッドを使うことによってフェース面を広く使うことができます。

また、ヘッドが大きいがゆえに操作性が高くありません。

操作性が高くないということは、小手先でフェース面の向きを変えることが難しいので、打球の飛んでいく方向が安定します。

②重心距離が短めのものを使う

初心者の方には重心距離という言葉は馴染みがないかもしれません。

どのように見分ければいいかというと、ドライバーのヘッドの後ろ側(フェース面を前とした時)は山のような形に膨らんでいますね。

その膨らみの頂点ができるだけ根元(シャフト側)に近い位置になっているものが重心距離が短いヘッドです。

重心距離が短いヘッドは、バックスイングで一度開いたフェースがインパクトゾーンに来るときにスクエアに戻ってきやすいのが特徴です。

初心者ゴルファーの多くは球がつかまらず、スライスすることに悩んでいます。

ボールをつかまえやすいヘッドを選んで道具につかまえてもらうというのもドライバーを上手く打つコツの1つです。

シャフトの硬さ

男性の場合だとR、SR、S、Xという順番で硬くなります。

40代以下で平均的な体力の方であれば、基本的にはSを使えば問題ありません(メーカー純正シャフトの場合)。

また、アイアンのシャフトの硬さ(フレックス)と同じかそれよりも硬い表記のものを選ぶようにしましょう。

アイアンのシャフトがSの場合は、ドライバーのシャフトはSかXになります。

たまにアイアンのシャフトがSでドライバーのシャフトがRという方がいますが、アイアンシャフトよりも長いドライバーのシャフトのほうがしなりが大きくなります。

しなりが大きくなるとその分ばらつきが出る可能性があるので、ドライバーのシャフトはアイアンシャフトの表記と同じもしくは1段階硬くすると覚えておきましょう。

ただし、輸入モデルやカスタムシャフトの場合、フレックスがメーカー純正よりも1フレックス前後硬いことが多いです。

そのような場合は、たとえアイアンのシャフトがSでも、SRやRにしたほうがいいこともあります。

シャフトの重さ

ドライバーのシャフト重さはアイアンからの重量バランスを考慮する必要があります。

アイアンに軽めのカーボンシャフトが刺さっている場合は、ドライバーは40グラム台〜50グラム台前半のシャフトを選択します。

アイアンのシャフトがN.S.PRO 950GHや、MODUS3の軽量モデルなどの場合は、50グラム~60グラム台、MODDUS3の重量級モデルやダイナミックゴールドなどの重めのスチール系を使用している場合には、60グラム台後半〜70グラクム台のシャフトが基本的には合うでしょう。

アドレスと道具選びに気をつければティーショットの成功率が格段に上がります。

アドレスについてはすぐに試すことができるので次回のラウンドで実践してみてください!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ドライバーのアドレスで注意することとドライバーの選び方について

カートに追加されました。


×