渋野日向子選手が令和最初のメジャー大会でツアー初優勝を飾る!

getty

渋野日向子選手が令和最初のメジャー大会でツアー初優勝を飾る!

お気に入り

国内女子ツアー「2019ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」にてピン契約の渋野日向子選手がツアー初優勝を飾りました。

ツアー初勝利がメジャーという偉業を達成!

ツアー初勝利がメジャーという偉業を達成!

getty

今年からレギュラーツアーに参戦し、9試合中、トップ10入りは3回で優勝争いも経験してきた渋野選手。

とくにパターが好調で、平均パット数(パーオンホール)では1位を独走中です。

「ピンとクラブ契約した決め手は、打感なんです。フィーリングが自分にすごく合っていて、優勝という結果も出せたと思います。また、良いプレーができるようツアーレップのみなさんが優しく、フィッティングなどいつもサポートしてくれて感謝しています。今後もピンのクラブで頑張ります。これから続くツアーでも2勝目、3勝目を目指して笑顔で頑張りますので、皆さまの応援をよろしくお願いいたします」とコメントしました。

渋野選手の使用クラブは下記の通りです。

ドライバー:G410 PLUS(9度) (ロフト:-1度/フラット、ウェイト:STD)
フェアウェイウッド:G410(#3 ロフト:STD/フラット)(#5 ロフト:-1度/フラット)
ハイブリッド:G410(19度 ロフト:STD/フラット)(22度 ロフト:-1度/STD)
アイアン:i210 (#5~#9、PW)
ウェッジ:GLIDE FORGED(52度/58度)
パター:SIGMA 2 ANSER(プラチナム仕上げ)

勝利の要因はSIGMA 2パター&G410ドライバー!

勝利の要因はSIGMA 2パター&G410ドライバー!

getty

勝利へと導いたギア、特にパターとドライバーには特別な思いがあるようです。

SIGMA 2パターについては

「パターは、ピン契約の鈴木愛選手や大出瑞月選手のパッティングを見て勉強し、練習を重ねました。私は柔らかい打感が好きなので、今年からSIGMA 2のANSERに変えたところ、徐々にフィーリングが合い、この試合では自分の思ったところに打つことができ、スコアメイクできました。SIGMA 2パターは、ピン契約のみなさんも『なんて聞こえた?』に答えてますが、私には『ポン!』と聞こえます。音もしっかり聞こえるのですが、とにかくすごく柔らかい打感ですね。このエースパターで、今後もさらに頑張ります!」

とコメントしています。

また、G410ドライバーについては

「G410 PLUSドライバーのお気に入りポイントは、曲がり幅が少ないこと。また飛ぶんです! だからパー5でも2オンできました。私は大きいヘッドのドライバーが好きなので、安心して振り抜けます。アマチュアの皆さんにもぜひおススメです」

とも。

笑顔が素敵な渋野選手の今後の活躍にも注目したいですね。

お気に入り
Gridgeニュース

Gridge編集部に届いたゴルフに関する、あらゆるニュースを紹介します。

このライターについてもっと見る >
GN20190618-0722

次の記事

渋野日向子選手が令和最初のメジャー大会でツアー初優勝を飾る!

カートに追加されました。


×
グリッジカップA
GN20190618-0722