腕力?下半身?ゴルフで『飛ばし』のエンジンになるのはどこ?

getty

腕力?下半身?ゴルフで『飛ばし』のエンジンになるのはどこ?

お気に入り

私たちにはエンジンはついていませんが、筋肉と関節というとても素晴らしい機能を果たす身体を持っています。

しかし、同じような体格の方でも飛距離には差があります。

ゴルファーならば誰もが憧れる『飛ばし屋』の称号!

では、その『飛ばし』のエンジンにあたるのは、私たちの身体のどこになるのでしょうか?

腕の力はおススメできません……

腕の力はおススメできません……

getty

欧米人や年齢が若いゴルファーの一部には、腕力でも飛距離を出せる方はいます。腕の力を上手く使っているトッププロもいます。

しかし、上腕の筋肉は身体の中では大きい訳ではありません。もっと大きな力を出すことができる部位があります。

そして、上腕は最も器用な指先に近く、動きの自由度が大きいためあらゆるミスの誘引になります。

石川遼プロの長期に渡るスランプの要因に、上半身強化のトレーニング偏重によって下半身とのバランスが取れなくなったことを挙げる方もいます。

腕力を飛ばしのエンジンにすることは、特にアマチュアの場合は回避したほうが良いと思います。

パワーの源!

パワーの源!

getty

正しい姿勢で写真のようにハーフスクワットをすると、お尻と太腿の筋肉を使います。

この部分が、『飛ばし』のエンジンに最も相応しいと思います。

この部位の筋肉は大きく、とても強い力を出すことができます。

また、不器用な部位でもあるので、腕と違って動きの自由度はありません。

裏を返せば、正しい動きを沁み込ませると、何度でもその動きを繰り返しやすいというメリットがあります。

プロ野球選手もホームランバッターは皆、大殿筋と大腿筋が発達しています。

『飛ばし』のメインエンジンは、お尻と太腿と思います。

補助エンジン!

補助エンジン!

getty

パワーと共に柔軟性が欲しいのは、肩甲骨周りの筋肉です。

大きなバックスイングとフォロースルーのためには欠かすことはできません。

この部位のトレーニングで特に注意が必要なのは、柔軟性と両立させることです。

また、前傾姿勢を維持することや強い捻りを生むためにも腹筋と背筋の強化は必須です。

まとめましょう。

『飛ばし』のメインエンジンは、お尻と太腿の筋肉です。補助エンジンは、肩甲骨周りの筋肉と腹筋・背筋です。

これらのエンジンをスムーズに動かすために、柔軟性も身に着けるとプラスが大きいと思います。

お気に入り
おっ3

野球、バレーボール、スキー、陸上競技などなどスポーツ歴だけは豊富ですが、全てそこそこレベルで引退。仕事としてゴルフに関わった時期もありますが、今は素人のゴルフ愛好家です。 現在もトレーニング怠らずに行っているものの、全身の経年劣化が著しく、常に痛みと戦っている『おっ3』です。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA
GN20190618-0722