実はかなりの狭き門!国内LPGAツアーに出場する方法

getty

実はかなりの狭き門!国内LPGAツアーに出場する方法

お気に入り

今年も3月の第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントで開幕を迎えたLPGAツアー!

「黄金世代」や「プラチナ世代」など、話題に事欠かない女子プロツアーに今回は焦点を当てましょう!

ツアーの仕組み

ツアーの仕組み

getty

LPGAのツアーは、

========
・LPGAツアー
・LPGAステップ・アップ・ツアー
・クォリファイングトーナメント(通称:QT)

※クォリファイングトーナメント(通称:QT)には4つのステージ(ファーストQT→セカンドQT→サードQT→ファイナルQT)があります。
========

で構成されています。

ここまでは比較的にシンプルでわかりやすいと個人的には思ってます。

ただ、実はそれぞれのツアーに決められた参加資格があり、その参加資格を満たさないと試合にすら出れないのですが、ここからが複雑なんです……。

競争力を上げるだけでなく、プロゴルファーとしての収入を安定させられるようにいろんな施策が施されています!

チーム競技と違って個人競技ならではですね!

LPGAツアーへの道

LPGAツアーへの道

getty

まず国内女子最高峰のLPGAツアーですが、大雑把にわかりやすく分けると2つの資格条件(シード権)があります。

1つは、前年度賞金ランキング50位以内に入ることです!

これは非常にわかりやすい参加資格で、今年この条件で11名もの選手が初シードを獲得しました。

2つ目は、前年度のLPGAツアーで優勝した選手。

2018年度のLPGAツアーは計38試合行われましたので最大で38名が参加資格を獲得できるようになっていました。

※今年は39試合を予定。

他にも、ここでは割愛しますが永久シードやQTを勝ち上がった選手、シード権がない選手によるランキング(通称:リランキング制度)などがあります。

※詳しくはLPGAのホームページをご覧ください。

LPGAステップ・アップ・ツアーとは

LPGAステップ・アップ・ツアーとは

getty

LPGAステップ・アップ・ツアーは、簡単に言うとLPGAツアーの下部ツアーになります!

LPGAツアーの出場資格を獲得できなかった選手や新人に出場機会を与えるために設立されたツアーです。

なので出場資格はざっくり言うと、

・LPGAツアーに参加資格のない選手
・直近のプロテスト合格者
・QTランキングの上位者

他にも、ステップ・アップ・ツアーに優勝すると、優勝大会から1年間の参戦権が得られます。

クォリファイングトーナメント(通称:QT)とは

クォリファイングトーナメント(通称:QT)とは

getty

QTはLPGAツアーやLPGAステップ・アップ・ツアーへの出場資格を得るために行われるトーナメントで、基本的には、ティーチングプロも含めたすべてのプロ選手に出場資格があります。

また、学生などアマチュアの選手でもLPGA会員最低1名から推薦をもらえれば出場資格があります。

このQTで上位になれば、賞金ランキングで50位以内に入れなくてもLPGAツアーに出場するチャンスができるのです。

QTの仕組みは前述した通り、

ファーストQT→セカンドQT→サードQT→ファイナルQT

と通過したものが次のステージに上がれるような仕組みになっております。

なので、12月頃に行われるファイナルQTあたりになってくると、来年の出場資格がかかってくるので争いは本当に熾烈になってきます。

まとめ

まとめ

getty

毎年プロテストを合格する選手が出てきますし、選手寿命も長いプロゴルフ業界では、こういう大舞台で活躍できる選手はごく一部!!

ただ、こうしていろんな形で試合の出場機会が増えることは選手にとっては非常にうれしいことです。

みなさん、ぜひこういった背景も踏まえて会場に足を運び応援してみるのもいいかと思います。

※ただし、一部のステップ・アップ・ツアーの試合は、観戦できなかったり、観戦できるホールが限られている場合もありますのでご注意ください。

お気に入り
まるお

こんにちは、Gridgeライターのmaruoです! ゴルフ場関係者です! ゴルフは初心者で、ただいま特訓中⛳️ https://www.instagram.com/?hl=ja

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA