Gridgeの記事を読んで来店してくれたu様のお話 その2

getty

Gridgeの記事を読んで来店してくれたu様のお話 その2

お気に入り

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回のお話は、Gridgeの記事を読み来店してくれたu様のお話その2です。

u様の欠点はアウトサイドインの軌道ですので、スイングプレーンの修正のお話です。

コンパクトなトップ

コンパクトなトップ

getty

鏡を見ながらハーフスイングの振り幅で、一日に何回にも分けて素振りをするというのは、スイングを改造したり変更する時には良い練習方法です。

連続で、何時間も練習するよりも効果的です。

人間は、新たなスイングを記憶している時間は、8時間くらいと言います。

体が、忘れる前に小まめに練習をしておくほうが、サラリーマンで時間の限られるu様にとっては有効な練習方法だと思いお勧めしました。

2回目に、ビッグキャリーゴルフショップに来店した時には、オーバースイングは解消していました。

私「オーバースイングは解消しましたね。努力を感じますよ」

u様「アドバイスの通り振っていたら、良い感じに違和感なく振れるようになりました」

アウトサイドインのスイング

アウトサイドインのスイング

私「今日は、アウトサイドインのスイングを治す練習をしましょう」

u様「難しそうですね」

私「確かに難題ですが、コツをつかめば治ります」

私「u様のインパクトのイメージは、ボールをヘッドで上から叩き付けるような感じですか?」

u様「意識したことはありませんが、大体そんな感じだと思います」

上から叩き付ける場合、アウトサイドインのヘッド軌道になるのが自然です。

人間の動きとして、インサイドアウトにヘッドを叩き付ける動きは不自然ですから、ゴルフはそのインサイドアウトに振る理屈を理解するか教えてもらわなければ、インサイドアウトに振ることはないと思います。

ボールを目標に運ぶ(投げる)のなら、ヘッドを目標に向けなければ、ボールは目標に飛んで行きません。

ヘッドを叩き付けるのではなく、ボールを運ぶ、あるいは遠くへ投げる方法のほうが、安定してボールを飛ばせると思います。

テークバックなしでボールを前に押し出す

テークバックなしでボールを前に押し出す

私「ゴルフは、飛ばしを楽しむのも当然ですが、カップインという目的のあるスポーツです。つまり思った場所にボールを運ぶコントロールが大切で、このボールコントロールの上手な方が上級者です」

u様に行ってもらったボールを運ぶ練習方法を紹介します(目標にアンダースローでボールを投げるようにします)。

7番アイアンでボールにアドレスします。

テークバックをせず、ヘッドでボールを前に押し出すという練習方法です。

ここには、叩き付けるという動作はありません。

ヘッドを前に押し出すようにボールを運びます。このフォローを取るためには、腕が長く目標方向に伸びていきます。

これが、インサイドからボールをとらえて、大きく高いフォロースルーを取る練習になり、その結果インサイドアウトに振れるようになります。

「ボールをつかまえて前に押す」これが安定して、遠くへ飛ばす方法です。

これをラウンドで行うのは簡単ではないので、ドリルとして常に練習に取り入れて、「フォロースルーが大きいですね」と同伴者に言われるようになってください。

上記のように、レクチャーさせていただきました。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

お気に入り
レッスンプロ・クラフトマン 河野

 私は、趣味が高じてプロにまで成ってしまいました。 それには、沢山の壁がありました。一つの壁を乗り越えると又絶壁のような壁に 当たり、「この壁は絶対に乗り越えられない」と思いながらもコツコツと地味に 練習をしていますと、或る日ヒントに遭遇します。 その繰り返しで小さな成功体験を重ねたおかげで、ハンデ0に成りアマチュアでは日本と言う試合にも出場する事が出来、倶楽部チャンピオンにも成れました。 今は、得た知識と技術を生徒様に出来るだけ分かり易く、レッスンすることが仕事です。 そして得た知識と技術で本も10冊程、楽天ブックス様にて出版させて頂きました。 https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%B2%CF%CC%EE%CF%C2%C7%B7&x=0&y=0   「ハンデ14からハンデ0までの軌跡」 http://460262.golsta.jp/add/1254804340264     レッスンプロ・クラフトマン 河野和之 http://www3.plala.or.jp/kkouno/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH