ゴルフの楽しさは、他人と長い間過ごして会話を楽しめる点だ

getty

ゴルフの楽しさは、他人と長い間過ごして会話を楽しめる点だ

お気に入り

先日、ゴルフをやったことがない後輩から「ゴルフは何が楽しいんですか?」と聞かれたことがありました。

自分でも「え? 何だろう?」となり咄嗟に答えられませんでした。

その後飲みながらいくつか答えましたが、ゴルフを始めるきっかけはクラブがどうこうではなく、まずは何で楽しいかが分からないと始められないよなぁ、と考えさせられました。

自分が思うゴルフの楽しさをいくつかに分けてご紹介したいと思います。

ゆっくり会話ができる!

ゆっくり会話ができる!

getty

1つ目は友人とじっくり会話ができるということです。ここではいったん接待ゴルフ等気を遣う相手とのゴルフは忘れてください(笑)。

職場の同僚であればそんなこともないでしょうが、就職したり家族ができたりすると、特に学生時代の友人と会う機会って減りませんか?

そんな久しぶりに会う友人と「最近何があった?」から「あの時はこうだった」等々、ゆっくり会話が楽しめます。

ゴルフコースに行くことは、移動を含めると良くも悪くも1日がかりです。

気心知れた友人とたくさん会話することは良いストレス発散になります。お酒を交えた時とは違った楽しさがあります!

人間性がよく分かる!

人間性がよく分かる!

getty

2つ目は仕事等の気を遣う相手とのゴルフの場面で効果的なことで、ゴルフは人間性が表れるなと心底思います。

例えば、普段大人しめの方がゴルフの時はかなりの熱血系で、バーディを決めて派手にガッツポーズしたり逆にOBを打って悔しがったり、一方悪いほうで言えば、スコアを誤魔化す方がいたりと、普段の商談等では見えないその人の個性がどんどん顔を出してきます。

自分も含めてですがね。

また、たっぷり会話をする時間がありますから、仕事以外のプライベートな話ができたりと、お互いの距離を縮める機会として非常に有効なものと思ってます。

もちろん相手とのやり取りが上手くできることが前提となりますが……。

おわりに

おわりに

getty

他にも「ビルがない自然の中にいることによりリフレッシュできる」等々ありますが、やっぱり何が楽しいかというと、一緒に回った相手との会話を楽しめることが1番の醍醐味だと思います。

一緒にいる時間が長いですからいろいろと話せますし、長時間会話することができる能力も養うことができます!

気を遣う相手との場合は、ある意味修行の要素も(笑)。

今回はゴルフのプレーに関する楽しさは除いております。その話はまた後で。

お気に入り
ぽーりー

平均スコア90のど真ん中アベレージゴルファーです。 子育てでなかなかゴルフはできていませんが、 隙を見つけてはギアやレッスンの情報収集に熱が入ってます。 その中で「これは!」といった情報・体験を中心に発信し、 皆様のお役に立てればと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA