ゴルフで100を切るためには「無理をしない」という考え方が必要

getty

ゴルフで100を切るためには「無理をしない」という考え方が必要

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回のお話は、100を切るための考え方です。

まだ、一度も100を切ったことがないのであれば、100を切るのに良いと考えられるすべてを試してみることです。

100が切れない原因

・ティーショットでチョロやOBを打ってしまう。

・セカンドショットがトラブルになる。

・グリーン回りでザックリやトップを打ってしまう。

・バンカーショットが苦手。

・3パットが何度もある。

100を切れない方の現状は、上記のようなことだと思います。

それでは、「ティーショットでチョロやOBを打ってしまう」、このことについて考えてみます。

ティーショットは、ドライバーで遠くへ飛ばしたい。

誰でもそう思います。

しかし、100を切れない現状の腕前では、真っすぐ250ヤード飛ばすのはとても無理です。

無理とわかっていても、「もしかしたら、真っすぐに250ヤード飛ぶかもしれない」と期待しますが、結果は、スライスしてOBです。

無理をすれば事故が起きます

例えば、一般道でアクセルを目一杯踏み込んで運転すれば、必ず事故を引き起こします。

常識のある人間なら、誰もそんなことはしません。

しかし、ゴルフでは平然と目一杯力んでボールを叩きます。その結果、OBです。

普段の生活では絶対に行わないことをゴルフというゲームで行い、思うままに楽しんでみるのも良いでしょう。

しかし、100を切りたいという目標があるなら、目標達成のために少し我慢をして安全運転をして、目標を達成してからおいしいビールを飲むというスタイルも良いと思いませんか?

ゴルフで「目一杯」という言葉は禁句です。

上級者になればなるほど、「目一杯」とか、「思い切り叩く」ということはしません。

「上手くなる」遠い先のことを思うより「100を切る」という目の前の目標を達成することに全力を尽くす

バンカー越えだろうが、池越えであろうがピンに一直線に飛んで行く球筋を思いながらボールを打っても、ボールはバンカーや池に入ってしまいます。

上手な方は、バンカー越えでピンを狙うでしょう。しかし、100を切ったことのない方がバンカー越えでピンを狙うのはリスクが大き過ぎます。

欲望の赴くままにショットをしていたら、100を切るという目標を達成できません。

100を切ると言う目標を達成するためには、ただ上手くなろうと思うより、ハッキリと「100を切る」という目標を持つほうが良いと思います。

例えば、上手くなるためには、「ドライバーではOBの危険があるが、上手くなるためには距離の出るドライバーで打たなくてはならない」と考えがちです。

100を切ると考えれば、ドライバーでOBを打つよりは、一歩引いて7番アイアンでティーショットをして、「飛距離を犠牲にしてもボギーや、上手くいけばパーを取りにいく」と考えることができるのではないでしょうか。

100を切ったことがない方は、100を切ることに集中してみることです。

見栄や理想を追っていたらいつまで経っても100は切れません。

それで、見事に100を切れたら次に90台でいつもラウンドできるように、工夫と必要な練習をする。

その積み重ねが、レベルアップになっていきます。

ゴルフは、スコアの良い人が勝つスポーツです。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×