損して得取れ!大きなミスを犯さないために今できるベストを選択する!

getty

ゴルフ初心者

損して得取れ!大きなミスを犯さないために今できるベストを選択する!

0

ゴルフはとてもメンタルが重要になるスポーツ。熱くなってしまうと確実にスコアに悪影響を及ぼします。

熱くなってしまうといえば、ミスショットをしてしまったとき。そのミスを取り返そうとしてさらに深みに入ってしまうこともあるでしょう。

しかし無理をしない考え方を持てば、よりいいスコアを出すことができるようになるんです。

例えばあなたはこんな時、どう考えますか?

ティーグラウンドからの第一打、ドライバーでナイスショット! しかしクロスバンカーに入ってしまったとき、皆さんはどう思いますか?

「本当だったら残り150ヤードを○番アイアンでパーオンを狙えたのに…」

→「いや、でもライはいいからパーオンが狙えるかもしれない…」

→「よし、予定通り〇番アイアンでパーオンを狙おう!」

このように考えてしまっていませんか?

バンカーに入ってしまったら一打使って確実に出しましょう。そうすればパーオンは無理でもボギーオンは狙えます。

悪くてもボギー、もしかすればパーを狙えるという状況になりますよね?

しかし多くの方がパーオンを狙いにいってしまうのです。

1打損するのはOK、と考えて!

ゴルフは、技術もそうですが、運も大きくスコアに影響するスポーツです。ですから、大切な考え方は「耐える」ということ。

上記のようなアンラッキーも存在する一方で、ラッキーが重なりいいスコアに結びついたりします。

無理してスコアを大きく崩しているようであれば、そのラッキーを活かすことができなくなってしまいます。

林に入ってしまったのであれば果敢に前に打つのではなく、確実に打てるいいライを探しましょう。

池を越えるのに距離が必要で、ミスで池に入ってしまう可能性があるのなら、手前に刻んで次のショットで勝負しましょう。

1打を打つことは結果的に損ではなく、得することにもつながるのです。

今自分にできることを見つけるということ

無理をしない1打、ということは今自分にできるベストを尽くすということです。

自分にできない可能性が高いショットを選択するのは、ベストではなく、ただの無茶な行為です。

上記のクロスバンカーの例から考えると、プロなら狙っていくでしょう。それが彼らにとってはベストな選択になるんですから。

ゴルフはスコアを良くするスポーツ。

そのためには、自分ができるベストが1打増えてしまうことであっても受け入れる寛容性が必要かもしれませんね。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

損して得取れ!大きなミスを犯さないために今できるベストを選択する!

カートに追加されました。


×