あなたは大丈夫?いびつ(?)な『ゴルフ愛』チェック!!

getty

あなたは大丈夫?いびつ(?)な『ゴルフ愛』チェック!!

お気に入り

こんにちは、新米ライターのこみにょんです。

若い頃、野球やテニスやボーリングやビリヤードなどにハマりましたが、ゴルフほどハマったスポーツはないかもしれません。

「ゴルフには中毒性がある」とは良く言われますよね。

僕自身、自称「フツーより少しゴルフ愛が強いゴルファー」くらいだと思っていますが、友人からは「おまえのレベルはちょっと度を超えている」と言われることも少なくなく…。

では自分のゴルフ愛が「いびつ」なのかどうか知りたくありませんか?

あくまでライターこみにょんが私的で勝手に考えた「いびつなゴルフ愛チェック」で確認してみましょう!!

アナタのゴルフ愛は大丈夫?

アナタのゴルフ愛は大丈夫?

getty

ゴルフ好きな人はそれぞれ自分の尺度での「ゴルフ愛」を持っているもの。

「あいつは俺より(私より)ゴルフに真剣に向き合ってない」なんて思うことはありませんか?

でもゴルフ愛は度を超えてしまうと、「紳士淑女」ではなく「単なる変わり者」に見られる可能性もあるものです…。

みなさん、ご自身のゴルフ愛が「いびつ」かどうか一度チェックしてみては?

以下の行動がいくつあてはまるか数えてみましょう!!

チェック開始!!

チェック開始!!

getty

1.
キャディバッグをゴルフ場に送った後、プレー当日まで練習ができないことに不安を感じるが、プレー当日のゴルフ場ではほとんど練習せずにモーニングセットやお酒に走ってしまう。

2.
打ったこともないのに、各社の最新ドライバーの打感や性能について試打レポートのサイト情報をすべて暗記し、あたかも自身の感想のようにゴルフ仲間に披露してしまう。

3.
好きなプロゴルファーの1ホールごとのスコアが仕事中でも気になりすぎて、スマホが電池切れしてしまうくらいスコア情報更新ボタンを執拗に押し続けてしまう。

4.
最新のゴルフウェアの特徴やトレンドをファッション評論家バリに解説することができるが、実は自身のウェアは5年前から変わっていない。

5.
「コソ練こそが美徳!」を貫き、あくまで影でしている血のにじむような努力を他人には見せずにいきなり上達している姿を披露したいと思っているが、実はこの努力を分かってもらいたい自分もいて、ゴルフ練習場では一番目立つ打席を選んでしまう。

6.
今回のゴルフルール改正に対して「私なら次の改正ではこういうルールを導入すべきだと思う」という持論をすでに持っていて、すでにゴルフ仲間とディベートしている。

7.
昨年のQT(クオリファイイングトーナメント)の上位入賞者の名前をスラスラと言え、「あのプロ、今回はよく頑張ったよなー」とまるで身内のように親近感を覚えてしまう。

8.
ゴルフあるあるネタを友人に自慢したいがために、ゴルフ業界の知り合い作りに余念がなく、ありとあらゆる有名ゴルフイベントの集合写真に必ず映っている自分がいる。

9.
自己流でどこまで上手くなれるかにこだわり、自身のゴルフ成長日記としてスイング動画をインスタやフェイスブックにアップするものの、フォロワーからのダメ出しコメントのプレッシャーについに負けてしまい、ひっそりとスクールに通ってしまっている。

10.
将来ブレイクしそうなゴルファーを毎年のように「推しメン」のごとくチェックしており、ブレイクした際にはゴルフ仲間に「この子は絶対伸びると思って目をつけてたんだよねー」とあたかも自分が成長させたかのように語ることがある。

いびつ? それとも…

いびつ? それとも…

getty

どうでしたか?

あてはまる項目が1つでもあったアナタ。

いや、「あー、こういうヒト結構いるよねー」と鼻で笑いつつ、実は自分も程度の差こそあれ思い当たる節があるアナタ。

自分では「ただのゴルフ好き」と思っていても、周りから見たら立派な「いびつなゴルフ愛」に見えているかもしれませんよ。

で、おまえはどうなんだって?

あたりまえじゃないですか、ほぼ全部ですよ…。

「ゴルフ好き」は好印象ですが、「いびつなゴルフ愛」はイメージを下げる可能性がありますからね。

…お互い、気をつけましょう。

お気に入り
こみにょん

40代なかばにして初めてゴルフを知り、今ではヤバい??くらいゴルフにハマってしまいました…。 まだゴルフ歴は5年にも満たないですが、ゴルフを通じていろいろな方と知り合い、教わったことなど、できるだけ楽しい情報をお伝えしていきたいと思っています。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人