テレビカメラがとらえた昨年の面白動画~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#106

getty

プロゴルファー

テレビカメラがとらえた昨年の面白動画~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#106

0

今週は、すでに始まっている米ツアーに続いて、欧州ツアー、日本ツアー、そして米女子ツアーがそれぞれ今年の初戦を迎えます。

それを前に先週、ネット上には2018年ツアーを振り返るさまざまな企画が見られました。その中で楽しめたのが、ツアープレーヤーたちのいわゆる“面白動画”。

いまやツアートーナメントのコース上には数多くのテレビカメラが配置され、有名・人気プレーヤーはその一挙手一投足がキャッチされます。

そこには、プレーの合間に見せる選手たちの素顔やコミカルなシーンも。

その中から特に面白かった動画を紹介しましょう。

「ちょっと、あっちに行ってよ」とハリントン

まずは、先ごろ2020年ライダーカップの欧州キャプテンに選ばれたパドレイグ・ハリントンの“面白動画”。

昨年の「チェコ・マスターズ」で、ハリントンはストロークを終えると、ラフの木陰に向かって一目散。

ん? どうした?

テレビのカメラマンも気になったのでしょう。そのうしろ姿を追い続けたのですが、ふと振り返ったハリントンがカメラの視線に気づいて急停止。

そのままどこまでも追って来られては大変と、カメラマンに向かって、「カモーン、ゴーアウェイ!」

恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべるハリントンに、好感です。

トーナメント会場での「◯◯しょん」といえば、動画ではありませんが、トム・ワトソンがマスターズの練習ラウンド中に、12番ホールに架かるホーガンブリッジを渡った奥で、我慢できずになさる姿が撮られたことがありました(下記、リンク先)。

有名プロは、まさにその一挙手一投足がカメラに見られているのです。

リンゴをポイ捨て! できなかったノックス

これもかなりカッコ悪いシーンです。

昨年のアイリッシュ・オープンでのこと。

ラッセル・ノックスはラウンド中にリンゴをパクリ。その食べかけをグリーン脇の草むらに放り投げるつもりが、“大シャンク!”。

リンゴは同じ組のロバート・カールソンのキャディの頭をかすめ、もうひとりの同伴プレーヤー=アレクサンダー・ビョークの脇へ。

そのビョークの、ちょっと固まったようなリアクションも笑えます。

思わず発した声が恥ずかしい結果になったポールター

最後はこの連載でおなじみの“ニュースメーカー”、イアン・ポールターです。

彼の昨年の面白動画は「ザ・プレーヤーズ選手権」で発したひと言。

ラフからアプローチショットを放ったところ、当たりが悪かったのでしょう、「ソーバッド」を連発。

ところが、その意に反してボールはコロコロとグリーン上へ。すると、ポールターはすかさず……。

バイザーで照れ笑いを隠す仕種に、周囲のギャラリーはもう一度は大笑い。

実は、ポールターはその1か月ほど前の「RBCヘリテイジ」でも同様の恥ずかしい失敗をやらかしていました。

グリーンを狙ったアプローチショットがやや飛び過ぎと判断。「止まれ、止まれ!」と連発。

ところが……。

その後のリアクションは下記インスタグラム動画をご覧ください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

テレビカメラがとらえた昨年の面白動画~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#106

カートに追加されました。


×