ゴルフができる人は仕事もできる!?

getty

ライフスタイル

ゴルフができる人は仕事もできる!?

0

仕事上の付き合いをきっかけにゴルフを始めた方も多いのではないでしょうか?

昨今若者のゴルフ離れが叫ばれますが、大手企業の社員やベンチャー企業のトップセールスマンの間では依然としてゴルフを楽しむ人が多くいます。

ゴルフと仕事に通じるものは何でしょうか?

ゴルフで身につくビジネスマナー

ゴルフは、ゴルフの実力よりもマナーが非常に重要視されます。

ゴルフにおけるマナーとは周囲への気遣いです。

他のスポーツでは同伴者や周囲の人へ配慮しながらプレーするということはあまりありません。

スポーツでマナーを意識しながら競技をするのはゴルフぐらいではないでしょうか。

仕事でも同僚、上司、後輩への気遣い、取引先への気遣いはとても重要になります。

それらをゴルフで身に付けることができます。

TPOに合わせた服装

行くゴルフ場や一緒に回る同伴者によって服装を変える必要があります。

カジュアルなゴルフ場に行く場合にはドレスコードを気にする必要はありませんが、名門コースに行く場合にはそれなりの服装をする必要があります。

仕事上でも取引先に会う時の服装や周囲を不快にさせないための身だしなみは、ゴルフに通じるものがありますね。

同僚・上司・部下・取引先への気遣い

ゴルフは同じ組の同伴者と助け合う必要があります。

一人初心者の方が混ざっていたり、自分が初心者だったりします。

そんな時にマイペースで自分のことだけを考えていては同伴者に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

初心者の人がいたら、プレーのサポートをして上げる。

自分が初心者の場合はできるだけ遅れを取らないようにプレーファストを心掛けるなど、同伴者への気遣いが重要です。

取引先との関係構築

取引先とゴルフに行った場合、長時間一緒の空間を共有するため自然と関係性が深まります。

仕事中にはなかなかできないような話も突っ込んで聞くこともできますし、純粋に関係性を構築するだけでもその後の商談が進みやすくなるような展開に持っていくこともできます。

アメリカのトランプ大統領もゴルフを一緒にやれば人間性が分かるという通り、ゴルフはプレーに性格が出ます。

取引先の人とラウンドする場合にはどの様な性格の人なのか注意して観察しておくと、その後の仕事に有利に働く場合があります。

ゴルフを始めよう!

ゴルフを始めようか悩んでいる方は、できるだけ早く始めておいた方が無難です。

若いうちはそれだけ吸収力が高いのでその分上達も期待できます。

また年齢を重ねてからゴルフを始めると、初心者の年配者はかなり気を遣われてしまいます。

下手でも若いうちであれば、可愛がってもらえたり、指導してもらえます。

ですが年を重ねるとそうはいきません・・・。

ゴルフを始めようか悩んでいる方は、思い立ったが吉日です。できるだけ早めに始めることをお勧めします。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ゴルフができる人は仕事もできる!?

カートに追加されました。


×