ツアー選手も疑問の新ルール~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#104

getty

プロゴルファー

ツアー選手も疑問の新ルール~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#104

0

もうすぐやって来る2019年。……と同時に、ゴルフ界にやって来るのが「新ルール」です。

今回のルール改訂は、R&Aと全米ゴルフ協会が合同で統一ルールを制定するようになった1952年以来、67年ぶりの大改訂と言われています。

あまりの大幅変更に、ゴルファーの間からは多くの戸惑いが聞かれます。

それはツアープロも例外ではありません。彼らにも、一部ルールに対する不安や不満があるようです。

それでも、来週木曜日(1月3日)には、新ルールによる初めてのツアートーナメント「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」が始まります。

さて、ツアープロたちはどの新ルールを疑問視しているのでしょうか。

メディアに取り上げられた米ツアープロの声を紹介しましょう。

グリーン上の損傷の修理がスロープレーを招く?

ジム・フューリック(下記、リンク先を参照)やスティーブ・ストリッカーが疑問視しているのが、グリーン上のほぼすべての損傷が修理可能となることです。

ご存じのように新ルールでは、グリーン上にある「人や外的影響によって生じるあらゆる種類の損傷(従来のボールマークと古いホールの埋め跡の他、スパイクマークや用具などによってできた損傷、芝の張り替え跡や張芝の継ぎ目など)」の修理が可能になります(規則13.1c(2))。

つまり、プレーヤーはパッティングライン上を丹念に整えることができ、結果、「プレーの進行が遅くなる」と彼らは心配しているのです。

そして、いずれ米ツアーはローカルルールで旧ルールに戻すのでは? という声さえ挙がっています。

さて、実際にそのような光景が展開されるのでしょうか?

損傷したクラブの取り替え不可

上掲の動画は4週前のこの連載で紹介した、通常のスウィングの途中でシャフトが折れるトラブルです。

このような場合、従来のルールでは、以下の3通りの処置が可能でした。

(i)そのラウンドの残りで、損傷した状態のままそのクラブを使用すること。

(ii)プレーを不当に遅らせることなく、そのクラブを修理したり修理させること。

(iii)そのクラブがプレーに適さない場合に限り、前記(i)、(ii)の処置に加えて認められる選択処置として、その損傷クラブを他のクラブと取り替えること。

つまり、新しいクラブに取り替えることができました。

ところが新ルールでは、上記(i)、(ii)の処置は可能ですが、「適合クラブがラウンド中に損傷した場合、プレーヤーは通常はそのクラブを他のクラブに取り替えてはならない」(規則4.1a(2))として、(iii)の取り替えは認められないことになりました。

当然ながら、この変更にはプロの間からは不満の声が聞かれます。

ピンを立てたままでパッティング可、だけど?

最後は、これもほとんどのゴルファーがご存じのルール変更です。

新ルールでは、旗竿をホール(カップ)に立てたままパッティングをすることができるようになります。

ところが、この変更に対して、物理学者で“マッド・サイエンティスト”のニックネームを持つブライソン・デシャンボーが実験の結果、旗竿を差したままパッティングをしたほうがホールインの確率は明らかに上がる、とにんまり。

彼はさらに、「全米ゴルフ協会は、いずれルールを元に戻すことになるだろう」とまで語っています。

実際、それほどプレーヤーの有利となるのでしょうか?

また、このルール変更の結果、ボールがどこにあっても、選手の希望で旗竿を立てたり抜いたりできるので、それによってプレーの進行が遅れる恐れが生じます。

さて、来週開幕の19年最初のトーナメントでは、新ルールの施行によりどんな変化が生まれるのでしょう。注目です。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ツアー選手も疑問の新ルール~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#104

カートに追加されました。


×