寒い寒い冬ゴルフ対策はフェイスウォーマーで決まり!

getty

寒い寒い冬ゴルフ対策はフェイスウォーマーで決まり!

こんにちは、ライターのとやです!

吸汗発熱インナーを着て、ダウンジャケット。さらに暖かパンツを装着、そしてネックウォーマー。

冬のゴルフはとにかく「寒さをいかにして防ぐか」が至上命題です。

体は着ればガードできますが、顔の周りはどうしても露出しなければならないので寒いんですよね。ネックウォーマーでも隙間から冷気が・・・。

そこでおすすめしたいのがフェイスウォーマー。極寒の地では当たり前になっている(?)らしいアイテムを紹介します!

目元以外は全部隠れる優れモノ!

目元以外は全部隠れてしまう優れモノが、こちらのフェイスウォーマー。

形状も肩のラインをキレイに覆ってくれるため、首回りにも隙間風が入り込みません。やはり冬って何がツライかって、隙間から入り込んでくる風なんです。

これならば隙間も完全シャットアウト。

実際に温かいだけでなく、体感温度も大きく変わってきます。

視界を邪魔するものでもありませんから、ゴルフのスイングの妨げになりません。

中部地区在住のライターとや、こんないいアイテムがあるならもっと早く知っておきたかった・・・。

耳が切れそうな痛みともオサラバ!

冬の冷たい風を受けて「耳が切れそうに痛い!」と感じたことがあるゴルファーって結構多いんじゃないでしょうか。

フェイスウォーマーを装着すれば、もうそんな心配はいりません。

なにせ口元だけでなく、それを耳側まで覆ってくれるので直接風を受けないからです。

耳当てではちょっと邪魔になる、という方でもフェイスウォーマーならゴルフで問題なく使っていけます。

防風性能と動きやすい機能性まで備えているということなんですね。

フェイスウォーマーはこれからの冬ゴルフには必須になってくるかもしれませんね。

ジュニア用もあるよ!

このフェイスウォーマーですが、ちゃんとジュニア用も発売されています。

冬の間もゴルフ勘を落とさないために、ゴルフ場へ通うジュニアゴルファーも全国にいらっしゃると思います。

寒さが原因で集中力が切れたり、モチベーションが低下してしまってはもったいないですからね。

使えるものはどんどん使って、ジュニアゴルファーの冬練習ラウンドにも役立ててしまいましょう。

デメリットは「人相」と「対メガネ」

フェイスウォーマーは暖かくて使いやすいので冬のゴルフには最適です。

しかしちょっと問題なのはその見た目。デザイン的にかわいいものや、あまり怖く見えないものもある中で、昔ながらの目出し帽というものもあります。

これを付けた人がお昼にレストランに入ってくるとちょっと怖い・・・。

そしてもう1つのデメリットは、メガネやサングラスがめちゃめちゃ曇ること。こまめに拭くしかありません。

鼻の間から上がってくる息でメガネは真っ白。暖かさと使い勝手はトレードオフ、といったところでしょうか。

でも冬はやっぱり寒い! サングラスが曇ってもフェイスカバーを使って、暖かくラウンドする道をボクは選びたいと思います・・・。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×