シューズのアッパー素材、天然皮革や人工皮革について解説します!

getty

ゴルフウェア

シューズのアッパー素材、天然皮革や人工皮革について解説します!

0

こんにちは。足と靴の調律師の中田です。

最近ではダイヤルロック式のシューズが主流になってきており、アッパーの機能を十分に活かせていないシューズが多いです。

アッパーの機能・役割に着目することで、あなたのパフォーマンスアップにつながること間違いなし!?

今回はそんなアッパーの機能・役割について書きたいと思います。

アッパーの役割

シューズのアッパーには

①足の甲を抑える
②足を側方から支える
③前への滑りを防ぐ
④足と靴を密着させる

という機能があります。

例えば、斜面でスイングするときのことを思い浮かべてください。

このアッパーがあることで斜面でも踏ん張ることができます

このように、アッパーは足の安定性に大きく関与してくれています。

アッパーの機能・役割を最大限に活かすためにアッパーの素材に着目してみると、『天然皮革』『合成皮革』『シンセティックレザー』『合成繊維』などさまざまな材質が使われています。

それぞれメリット・デメリットがあるので一つずつ解説していきます。

素材についてはシューズの商品情報に書かれているのでチェックしてみてください。

天然皮革について

天然皮革とは、牛や馬、豚などの動物の皮に“なめし”などの工程を加えたもの。

メリット
足にフィットする
通気性がいい
耐久性がいい

デメリット
雨に弱い
手入れに時間が必要
価格が高い

価格帯が高くなりますが、履く人を選びません。

どのような方でも足に合うのではないでしょうか?

人工皮革について

人工皮革は、天然皮革類似品です。

織物にウレタンやナイロンなどの樹脂をコーティングしたもの。

メリット
雨やキズに強い

デメリット
伸びにくい
蒸れやすい
経年劣化を起こす

外反母趾や足にトラブルのある人は要注意です!!

シンセティックレザーについて

最近では“シンセティックレザー”と表記されているシューズが増えてきました。

シンセティックレザーとはなんなんでしょうか?

シンセティックとは「合成の」「人工的な」という意味があります。

レザーは「皮革」という意味なので、人工皮革ということになります。

メリット・デメリットは前の項で書いた「人工皮革」とほぼ同じになります。

ニューバランスはこの素材を使ってるものが多い印象です。

合成繊維について

合成繊維とは、ナイロン、アクリル等のことです。

メリット
軽くて丈夫、発色がいい
縮んだり、伸びたりしにくい
洗濯しても型崩れしにくい

デメリット
原料が石油なので静電気が発生しやすくなる
静電気で埃や花粉などを帯びやすく黒ずみが起こりやすい
紫外線に弱く黄ばみやすい
経年劣化が早い

この靴は足が変形してる人にはいいかもしれません!!

まとめ

四季や天候によってシューズを変える方は少ないんでしょうか?

アッパーにもそれぞれメリット・デメリットがあります。

アッパーの機能を最大限に活かすために、気候や気温でウェアを変えるようにシューズも変えてみるとパフォーマンスアップや疲労軽減につながるかもしれません。

次回は非常に重要な部分『靴紐(シューレース)』について書いていきたいと思います。

お楽しみに!!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

シューズのアッパー素材、天然皮革や人工皮革について解説します!

カートに追加されました。


×