アイアンがまっすぐ飛ばない時のチェックポイント3選

お気に入り
こんにちは。

kengolfです。

今回はアイアンショットがなぜかまっすぐいかない時のチェックポイントを書いてみたいと思います。

私はコースでよく起こります(笑)。

皆さんの参考になれば幸いです。

右を向いてませんか?

右を向いてませんか?

getty

アイアンに限らず、コースでは景色にだまされ、やや右方向を向いてしまうゴルファーが多いです。

私もそうですが、日頃の練習から右を向き過ぎていないか、セルフチェックする習慣を付けましょう。

コースでのコツは、「やや左を向いているかな」くらいが最初はちょうどよいことが多いです。

練習場では、おおげさに右を向いてショットして、そのあと左を向いてショットしてみましょう。

自分がどちらを向いてショットするのが得意なのかがわかるはずです。

またこれを繰り返していると、だいたい自分でアドレスの方向の取り方ががわかるようになってきます。

コースで、アドレスしにくいくいティーグラウンドなどが気にならなくなりますよ。

フェースの向きをチェックしてみる

フェースの向きをチェックしてみる

getty

アドレスは正しく構えられているのに、なぜか右へ行く、または左へ行く。

そんな時はクラブフェースの向きを少し修正してみましょう。

意外とそれだけでまっすぐ飛ぶようになります。

また気持ちハンドファーストを強めに構えると、ボールがつかまらない時には、少しずつつかまるようになります。

ボールがつかまり過ぎる時は、ややハンドレートにするとつかまり過ぎを防ぐことができます。

やり過ぎると逆球が出たりするので、朝の練習場で、その日のアイアンの出球の方向をセルフチェックする習慣を付けると、そういった誤差が少なくなってきますよ。

インパクトで終わってませんか?

インパクトで終わってませんか?

getty

コースに出るとついつい、フィニッシュがおろそかになり、スイングがインパクトで終わってしまいがちです。

特にアイアンの場合でも、最後のフィニッシュまで振り切る意識を持つようにしましょう。

フィニッシュが取れるようにスイングしていると、インパクト重視よりも、方向がまとまってきます。

打つ前にフィニッシュを意識した素振りを行うのも効果的です。

皆さんの参考になれば幸いです♪
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >