クラブは、首を中心に丸く振っていくのが正解です

お気に入り
ゴルフスイングは首を中心にした円運動ですから、首を中心にしてバックスイングをしたらフォロースルーもシャフトから腕、クラブヘッドまでが首に巻き付くように、クラブヘッドで円を描くように振るといいでしょう。

目標に向かって真っすぐ振ろうとしてヘッドを直線に動かすイメージをすると、押すような打ち方になってしまい、円運動にはなりません。

首を中心にクラブを丸く振るようにすると、クラブもよく振り切れて飛距離も出るようになるのです。

首を中心にクラブヘッドで円を描く

首を中心にクラブヘッドで円を描く

getty

目標に向かって手を伸ばし真っすぐ振るのではなく、腕からシャフト、クラブヘッドが首に巻きついていくように、首を中心にクラブヘッドで円を描くように振ってみましょう。

すると、振り切れてフィニッシュでシャフトが右肩にぶつかるようになりますし、両肘がたたまれて手が首に巻きつくような感じになります。

そこまで振り切ろうとしなくても自然に振り切れるのです。

クラブヘッドを目標側に出さない

クラブヘッドを目標側に出さない

getty

直線をイメージして目標に向けてクラブヘッドを真っすぐ出そうとするのではなく、首を中心にクラブヘッドを丸く振るようにしたら、最後までよく振り切れます。

そうして首を中心にクラブを丸く振るようにすると、ダウンスイングで上体が突っ込まなくなります。

目標にクラブヘッドを出そうとしたり、ボールに合わせようとすると、上体が前に出ていってクラブの軌道がいびつになり、気持ちよく振れなくなってしまいます。

構えたら方向は決まっているのですから、あとは目標やボールを気にしないで首を中心にクラブを丸く振れば軸が動かずにクラブヘッドの軌道も一定になります。

インサイドに振ったほうが真っすぐ飛ぶ

インサイドに振ったほうが真っすぐ飛ぶ

getty

目標に向かって真っすぐ振っていたスイングを首を中心に回転するように振るようにすると、かなり左に振っているような感じになります。

初めは左に飛んでいくような気がして怖いかもしれません。

バックスイングで十分捻転したら、ダウンスイングは体で戻してきて、手とクラブは目標ではなく、首に巻き付いていくように振ってやるのです。

左に振っているような気がしますが、実はそのほうが真っすぐ振っているのですから、ボールも真っすぐ飛ばせるということを理解してください。

この違和感にどれだけ早く慣れるかが、上達のカギです。
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019