キャディさんは、グリーンに乗ったボールを拾いあげることができるか?
ゴルフ初心者

キャディさんは、グリーンに乗ったボールを拾いあげることができるか?

0

キャディさん付きでラウンドする場合、知らないとちょっとヒヤッとするかもしれないグリーン上でのルールがあります。

キャディさんが、ボールを拾いあげて拭いてくれる?!

グリーンに乗ったボールを、キャディさんが「気を利かせて」拾いあげて拭いてくれる。

普段のプレーでは、よく見られる光景です。

「当たり前じゃない?」という感覚の人もいるかもしれませんが、競技のときには注意が必要です。

私も競技に出るまで知りませんでしたが、ボールを拾いあげることができる人は、次のように定められています。

・プレーヤー
・パートナー
・プレーヤーが認めた人

この中で、キャディさんが該当する可能性があるのは「プレーヤーが認めた人」になります。

つまり、キャディさんがボールを拾うことを「プレーヤーが認めた場合」にだけ、キャディさんはボールを拾いあげることができるということになります。

逆に、プレーヤーが認めていない状態で、キャディさんが「勝手に」ボールを拾いあげてしまったら、プレーヤーにペナルティが課されることになってしまうのです。

なお、「キャディさんが拾いあげたボールは、キャディさんが置き直さなければいけない」と聞いたことがありましたが、今のルールでは、そのような縛りはないようです。

実際に見かけたハプニング

ある競技会で、キャディさんが同伴者のボールを「勝手に」拾いあげてしまうというハプニングがありました。

同伴者:「えっ、ボール拾っちゃったの?・・・」
キャディさん:「あっ・・・・・」
同伴者:「とりあえずそのまま戻してくれる?」
キャディさん:「はい・・・・・」

あまり経験したくない、なんとも言えない空気が流れました。

これはキャディさんのミスですが、ペナルティを受けるのはプレーヤーです。

キャディさんにも悪気がないだけに、ちょっと気の毒な感じもしました。

ペナルティを避けるためには?

では、どうすればペナルティを避けられるか。

キャディさんがボールを拾いあげることを、プレーヤーが認めていればOKです。

・プレーヤーがキャディさんに「ボールを拾って!」と言う。
・キャディさんが「ボールをマークして(拾って拭いて)おきますね」と言い、プレーヤーがそれを許可する。

このようなやり取りがあれば、「プレーヤーが認めた」ということになります。

また、この「ボールを拾いあげることの許可」は、ボールを拾いあげる都度、必要になるようです。

「今日は1日、ボールを拾いあげることを許可します。」と伝えたとしても、そのようなまとめての許可は認められないようですので、注意が必要です。

また、自分のボールがグリーンに乗ったら、他のプレーヤーの邪魔にならないように注意しながら、すぐにマークをする習慣を身につけましょう。

普段のゴルフでは臨機応変に

ちなみにこのルール、競技のときには守らなければなりませんが、それ以外ではあまり気にする必要はないでしょう。

むしろプレーファストの観点からは、キャディさんが拾ってくれたほうが望ましい場合もあります。

普段のゴルフでは、ルールはしっかりと押さえつつも、マナーを優先しながらゴルフを楽しむなど、臨機応変に対応しておけば良いのではないかなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

キャディさんは、グリーンに乗ったボールを拾いあげることができるか?

カートに追加されました。


×