千葉県「カメリアヒルズカントリークラブ」“隠れ名門コース”を紹介するシリーズ第24回「カメリアヒルズCC」

お気に入り
今回は、千葉県木更津市にある「カメリアヒルズCC」です。

毎年初夏に開催される「アース・モンダミンカップ」の舞台として知られるとてもバブリーなコースですが、コースとしては「安田幸吉」の設定による戦略的なコースとなっています。

東京からアクアラインを使えば1時間もかからない近距離に位置し、夢の舞台でのラウンドが待っています。

すでに、来年のアース・モンダミンカップ2018の開催も決定しており、この戦いも楽しみです!

それでは、この夢の舞台をご紹介しましょう!!

※写真はカメリアヒルズCCの公式サイトより

クラブハウスに一歩足を踏み入れると、そこは別世界!

カメリアヒルズCCは、椿山荘やワシントンホテルなどを経営する藤田観光が運営するゴルフコースです。

開場は1990年、設計は安田幸吉です。

設計者が、誰にでも楽しめるコースを目指した通り、ゆったりとレイアウトされて、フェウェイも広く、グリーンが見えるホールが多く、一見やさしそうに見えます。

が、フェアウェイに細かいアンジュレーションがあり、また樹木や池などが効果的に配置され、難しくなっています。

緻密な戦略を立てないと、スコアがまとまらないコースです。

このコースのクラブハウスの中に入ると、その造りと調度品に驚かされます!

まさに一流ホテルのフロントを入った感じで、とてもゴルフ場のクラブハウスとは思えない造りです!

※写真はカメリアヒルズCCの公式サイトより

コースはしっかりしたマネジメントが必要で、コース戦略を求められる!

コースは、アクアラインから館山道・木更津北ICを降りて約10分程度のところにあります。

北総台地の地形を使った緩やかな丘陵コースです。この地域のゴルフ場としてはアップダウンはあまりなく、緩やかです!

距離はレギュラーティーで6282ヤードでそれほど長くありませんが、戦略的で、しっかりしたコースマネジメントが必要です。

特に、グリーンが大きいので3パットの危険が高く、乗っても決して安心できません。

バブリーな接待用コースだと、甘く見るとひどい目に遭うかもしれません!

※写真はカメリアヒルズCCの公式サイトより

昨年はイ・ボミが優勝、今年は鈴木愛が優勝…それを思い浮かべながらラウンド開始!

昨年はイ・ボミが優勝、今年は鈴木愛が優勝…それを思い浮かべながらラウンド開始!

getty

2012年から毎年6月に、このカメリアヒルズCCでLPGA「アース・モンダミンカップ」が開催されており、2017年は賞金女王になった鈴木愛が優勝しました。

2015年、2016年はイ・ボミが連覇を成し遂げています。

この大会は、賞金総額が高く優勝賞金も3000万円を越すトーナメントであり、シーズン前半の鍵を握る大会の一つです。

2018年も6月21日~24日に開催予定で、優勝賞金3240万円を巡って白熱した戦いが展開されることでしょう。期待しましょう!

そのコースの特徴は、まずアウトコースから…

そのコースの特徴は、まずアウトコースから…
アウトコースは、全長3077ヤードで短めですが、グリーン前の大きなバンカーや池などが距離ではない難しさとなっています。

まず、ハンディキャップ(HD)9の537ヤードのロングホール(パー5)でスタートします。

左ドッグレッグでそんなにプレッシャーがかかるホールではありません。

いくつか、300ヤード前半のミドルホール(パー4)もありますが、フェアウェイバンカーとグリーン回りのガードバンカーの配置が効果的で、決してやさしいホールではありません。

そんな中で、HD1の6番ミドルホールは、436ヤードで緩やかに上っていくホールで、相当の飛ばし屋でないとパーオンは難しく、3打目勝負のホールです。

また、HD3の3番ミドルホールは400ヤードで、グリーン手前から寄せワン狙いが賢明です。

一方、インコースは…

一方、インコースは…
インコースは全長3205ヤードで、アウトに比べて距離もあり、コースも難しくなります。

まず、HD10のミドルホールからスタートします。

ほぼストレートなホールですが、緩い打ち下ろしながら399ヤードと距離が長く、2打目は長いクラブになるでしょう。

インでは、ホールHDで見ると、HD2の14番ロング、HD4の11番ミドル、HD6の18番ロングの順に難しくなります。

11番ミドルは打ち上げの413ヤードで、セカンド(2打目)がとても厳しいホールです。

グリーンも受けがきつく、簡単に攻略はできないホールです。

また、14番ロングは右ドッグレッグで、ティーグラウンドに立つと、正面にフェアウェイの左右の大木が大きな門のように立ちはだかり、この大木の間にきちんと打っていくティーショットが求められます。

距離もほぼ平坦で524ヤードと長く、グリーン手前のバンカーが大きく口を開けていて3打目のプレッシャーがかかります。

昼食はホテルのレストランの味!

レストランも素晴らしく、さすが一流ホテルを運営する藤田観光のコースレストランという内容です。

このレストランでは、専属シェフによるクラブハウス自慢の料理が楽しめます。

もちろん、値段も最低1700円~と相当に高めです!!

すべてのメニューが美味しそうで、食べてみたいものばかりです。

※写真はカメリアヒルズCCの公式サイトより

トーナメントコースだけあって練習場も充実!

トーナメントコースだけあって練習場も充実!
ドライビングレンジは250ヤードで、距離は十分です。

また、30ヤード程度まで打てるバンカー付きの立派なアプローチ練習場もあり、スタート前の練習も楽しくなりますよ!
お気に入り
PAR RUSH 01

サラリーマンゴルファーの「Par Rush」です。 ゴルフは何年やっても、上手くいかないことが多い! それを克服しようと、考えて練習する、でもまた上手くいかない!また、考えて練習する、これの繰り返しです、だから飽きないんです! 数多いラウンドの中から得たこと、おもしろいネタをお伝えしていきます。 「PAR RUSH」 は10周年を越えたゴルフサークルです。サークルメンバーの特製ネームタッグです。 https://parrush.hatenablog.com/

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
ダンロップゼクシオの日200801-0901

カートに追加されました。


フォーティーンIF700FG 200716-816