初心者がラウンド中に心掛けたいのは、テキパキ動くこと・楽しむこと・失敗を恐れないこと!

お気に入り
誰もが何かを始めた時は初心者です。

それはゴルフも同じこと。

ただ、コースは自分達だけではなく、その日そこにいるみんなが同じコースをラウンドしているので、いろいろな配慮が必要です。

その中でも特に、テキパキ動くことはラウンド中の行動として、とても重要な要素です。

テキパキ動く

テキパキ動く

getty

ラウンド中は、とにかくテキパキ動くことが求められます。

当日、コースは自分達だけではなく、その日来場しているお客さんみんなが同じコースをラウンドしているので、例え初心者であっても、もたもたしていると後ろが詰まってしまいます。

早く進みたいのに進めないという、まるで交通渋滞のようなものです。

当然、待たされているグループはイライラしますし、最悪直接苦情を言われるかもしれません。

苦情は、言ったほうも言われたほうもいい気分にはならないので、せっかくのゴルフが台無しになってしまいます。

とにかく楽しむ

とにかく楽しむ

getty

初心者のうちは、ほとんどのショットが上手くいきません。

林の中に入ってしまったり、打ち損じてゴロになってしまったり、ありとあらゆるミスをします。

ミスが続いてしまうと、人間はどうしても精神的ショックを受けてしまいます。

でも、下を向きながら楽しくなさそうにゴルフをしても、周囲の空気を悪くしてしまいますし、その後も良いパフォーマンスは出せません。

ゴルフはメンタルのスポーツと言われるほど精神状態が大切なので、辛い気持ちであっても気丈に振る舞ってプレーすることが大切です。

例えミスをしても、すぐに切り替えて目の前のショットと向き合いましょう。

失敗を恐れない

失敗を恐れない

getty

ラウンド中は、失敗を恐れてはいけません。

例えばグリーン上で、何度も行ったり来たりやっていると、だんだん怖くなってきて弱くしか打てなくなってしまいますが、それでは上達しません。

それでも何回も打てばジリジリとカップに近づけることはできますが、いくら初心者であっても多少スコアも考えたいものです。

パー5など長いホールでは、必然的に第一打は渾身の力でショットすることになりますが、失敗を恐れてしまうと余計に当たりません。

萎縮しながらゴルフをしても楽しくないので、大胆になるところは大胆にいきましょう。

反省を忘れない

反省を忘れない

amazon

最初の頃は、失敗ばかりで楽しくない日もあるかもしれませんが、これからもゴルフを続けようと思うのであれば、しっかりと反省しないと上達しません。

なぜ思ったところに飛ばなかったのか、なぜパットを外してしまったのかなどミスをした原因を追究する必要があります。

他人からアドバイスをもらったり、自分なりにミスした原因が分かれば、すぐさま次のショットで工夫したいです。

このように、失敗とたまにある成功の体験を積み重ねながらゴルフの腕は上達していくので、試行錯誤してレベルアップを図りましょう。
お気に入り
Fagio

学生時代からゴルフをやっているにもかかわらずエンジョイゴルファーのまま今に至ってます。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。