新・貧打爆裂レポート『SIM2 ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2021年2月19日に発売されたテーラーメイド『SIM2 ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。テーラーメイドの新しいドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『SIM2 ドライバー』はモデルチェンジではなく、新しいドライバー!

『SIM2 ドライバー』はモデルチェンジではなく、新しいドライバー!
『SIM2 ドライバー』は、テーラーメイドが2021年2月19日に発売したクラブです。

“既成概念を打ち破る、革新のSIM2 ドライバー”というコピーのドライバーです。

『SIM ドライバー』の後継機種でありながら、『SIM2 ドライバー』は、新開発のテクノロジーと革新的なアイディアで作られた、まったく違うとも言えるドライバーになっています。

【試打クラブスペック】
ヘッド素材 グラファイト・コンポジット・クラウン&ソール+アルミニウムリング+ヘビーバックスチールウェイト
フェース チタン(9-1-1)製ミルドバックカップフェース
ヘッド体積 460cc
シャフト TENSEI SILVER TM50(S)
ロフト 9度(10.5度もあり)
長さ 45.75インチ
ライ角 56度
価格(税別) 7万6000円

『SIM2 ドライバー』で、最も注目すべきテクノロジーは「フォージドアルミニウム構造」です。

軽量で高強度のアルミニウムを精密にミーリング加工した「フォージドアルミニウムリング」は、フルカーボンソール、カーボンクラウン、カップフェースをプラモデルのように結合させるのです。単純な構造であるところに、完成度の高さを想像させます。

「イナーシャジェネレーター」は、ヘッド後方に重いウェイトを設置して寛容性アップを狙ったテクノロジーです。軽量のカーボンソールと融合したことで、ダウンスイングのスピードアップに貢献するようです。

「スピードインジェクション」は、反発規制を超えたフェース面の裏側にレジンを注入することで、上限ギリギリの反発性能に調整して、飛距離性能アップに貢献します。前モデルはフェース面の2ヶ所からレジンを注入しましたが、『SIM2 ドライバー』は、1ヶ所だけで済むようになっています。

「ツイストフェース」は、前モデルから引き継がれたボールの曲がりを低減するテクノロジーです。

「貫通型スピードポケット」も、同様にすでに実績があるテクノロジーで、フェース下部でのミスヒット時に無駄なスピンを抑えて、ボール初速維持に貢献するそうです。

「スプリット マス ウェイト」は、ヘッド後部のヘビーバックウェイトの対角線上のヘッド前部に配置したウェイトのことで、適切な重心位置になるようにしたテクノロジーです。

いろいろと書きましたが、『SIM2 ドライバー』は、ヘッドを観察してもわかることがたくさんあります。

まずは、フェースと外周リング以外がカーボンパーツで作られていることに驚かされます。

ドライバーを作る素材としてカーボンが適していることは、20世紀末頃にはわかっていることでしたが、打感の問題や耐久性などの問題をクリアできずに、主流になることはありませんでした。

『SIM2 ドライバー』は、フルカーボンではありませんが、前例がないほどカーボンパーツの使用率が高いドライバーです。

実に興味深いです。

テーラーメイドは、飛距離性能でゴルファーを裏切らないメーカーとして信頼を得てきました。

新しいドライバーが、前モデルよりも飛ばないという裏切りがないことが、テーラーメイドの証だと言えます。

『SIM2 ドライバー』も、そういう意味では裏切らないドライバーであることに疑いはありません。

2020年代をリードするドライバーに『SIM2 ドライバー』はなる可能性があります。最先端を堪能するような試打になることに期待したのです。

『SIM2 ドライバー』は覚悟を持って打つべし!

動画を見てください。

『SIM2 ドライバー』で最初に感じたのは、ヘッドの外周の青い曲線のラインが、ヘッドを締めてみせるということでした。シャープに見えるので、大きいヘッドが苦手なゴルファーには助けになると思います。

いきなり、飛距離になりますが、平均で225ヤード、最高に飛んだホールは245ヤードでした。

当たり前になりますが、飛距離性能は素晴らしいの一言です。トップレベルに飛びます。

『SIM2 ドライバー』は、強いボールが出ます。初速感よりも、ランが出ることを想像させる強いボールが出るのです。実際、現場でもランを計算できるボールが出ます。

純正のシャフトが良いです。しっかりしていて、振りやすいのです。全体がしなって、機能している感触があります。

『SIM2 ドライバー』で、意外に良かったのが、「ツイストフェース」です。目が慣れてきたのかもしれませんが、今までの「ツイストフェース」で今回が最もアドレスしやすく、ターゲットに合わせやすいと感じました。

打音は、やや大きめの音量で、音質は澄んだ金属系です。小さな残響があるのですけど、それを含めて、「打っている」という雰囲気が出る気持ちが良い打音です。

ヘッドスピード40メートル/秒では、少しオーバースペックになってしまうかもしれないと心配しましたが、ストレートからフェードを打っているだけなら問題ありませんでした。これはちょっと想定外でした。

ドローを打つと少しドロップしてしまうのは、ツアードライバーなので正解なのだと考えました。

『SIM2 ドライバー』は、やさしく飛ばしたいゴルファーにオススメです。

非常に抽象的ですが、『SIM2 ドライバー』は、明らかにやさしくなったことがわかります。ミスヒットに強いという意味と、曲がりにくいという意味の両方でかなり高レベルにやさしいのです。

それでいながら、弾道を操るのも楽々できます。僕の場合は、フェードが気持ち良く、ほぼ完璧に狙い通りに打てました。この5年間ぐらいで試打したテーラーメイドのドライバーで、『SIM2 ドライバー』は個人的には一番良かったです。

狙い通りに打てることと、トップレベルの飛距離性能。何ら文句が言えないのが、『SIM2 ドライバー』です。

前モデルの『SIM ドライバー』が合っていたゴルファーには、逆に不満が多い可能性があります。

後継機種と言いながら、『SIM2 ドライバー』は似て異なるものである部分が多いからです。

むしろ、前モデルの『SIM シリーズ』が合わなかったというゴルファーに『SIM2 ドライバー』は打ってもらいたいです。

試打動画の説明で、テーラーメイドのドライバーは麻薬のようなクラブとコメントしています。

真面目に、魅力と中毒性という意味で、怖くなるシーンを何度も見てきましたが、『SIM2 ドライバー』は、あまりにも良くできていて、悪魔のドライバーのように感じました。

覚悟を持って、触れるべきクラブが、『SIM2 ドライバー』なのです。
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019