新・貧打爆裂レポート『スリクソン Z-STAR XV ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2021年2月5日に発売されたダンロップ『スリクソン Z-STAR XV ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。スリクソンの新しいボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

新しい『スリクソン Z-STAR XV』はドライバーが飛ぶ!

新しい『スリクソン Z-STAR XV』はドライバーが飛ぶ!
『スリクソン Z-STAR XV ボール』は、ダンロップが2021年2月5日に発売したボールです。

何と言っても、松山英樹プロの使用球ということで、モデルチェンジしたボールについて注目が集まっています。

“風に強く、とにかく飛ぶ! ドライバーの飛距離性能がさらに進化”というコピーのボールです。

【試打ボールスペック】 
構造 ウレタンカバー4ピース
カバー 高耐久0.5mm極薄スーパーソフトウレタンカバー
コーティング 次世代Spin Skin コーティング with SeRM
コア 高反発ファストレイヤー大径2層コア
ミッド 高反発アイオノマーミッド
ディンプル 強弾道338スピードディンプル
カラー ホワイト(プレミアムパッションイエロー、ロイヤルグリーンあり)
価格 オープン価格

『スリクソン Z-STAR XV ボール』は、使用しているツアープロから、極端な変更は望まないという要望があったということで、開発はなかなか難しかったようですが……。

「新開発高反発ファストレイヤー大径2層コア」というテクノロジーで、ボールのスピードアップ、つまり、初速を上げることに成功したとのことです。規則違反にならないギリギリで、結果を出すのは大変なことだと想像できます。

「次世代Spin Skinコーティング with SeRM」も、進化したテクノロジーです。元々評判が良かったテクノロジーですが、さらに磨きを掛けてアプローチのスピン性能がアップするとのことです。

『スリクソン Z-STAR XV ボール』は、前モデルも、その前のモデルも、ツアーボールとして満点以上の完成度を誇っていました。その現実から、新しい『スリクソン Z-STAR XV ボール』は、重い十字架を背負っているようなイメージがありました。

偉大過ぎるボールを進化させるために必要なのは改革ですが、過去のボールの歴史を振り返っても、それが机上の理論になってしまって、現場では評価されないということもたくさんあったからです。

実際に、2020年の終盤にはツアーに投入された『スリクソン Z-STAR XV ボール』のツアープロの評価を聞いてみると、異口同音に「ドライバーが飛ぶ」とコメントしております。

さらに深く分析すると、スピン量が減ることで、ボールが曲がらないというプラスポイントもあるようです。

ツアーの現場は正直です。宣伝に協力するだけではなく、実際に試合で使っているということが大切なのですが、『スリクソン Z-STAR XV ボール』は、その意味でも条件をクリアしています。

ツアーボールなので、僕よりもヘッドスピードが速いゴルファーに協力してもらって、ラウンド試打をすることにしました。

『スリクソン Z-STAR XV』でベストスコアを目指せ!

動画を見てください。

『スリクソン Z-STAR XV ボール』の試打は、かなり長期にわたって行いました。動画を見ると、秋の紅葉が美しい背景になっているのが、その証拠です。

『スリクソン Z-STAR XV ボール』は、見た目でも新しくなったことがわかります。

ディンプルの形状が少し変わったように見えるからです。深くなったように感じるのです。結果として、くっきりしたディンプルのボールという印象になりました。

気にならない人もいますが、僕は、パットの時にディンプルの形状が気になり、集中しやすいものと、しにくいものがあります。

『スリクソン Z-STAR XV ボール』の新しいディンプルは、集中しやすくなったと感じました。

『スリクソン Z-STAR XV ボール』をコースで打ってみて、とにかく良かったのは打音です。

ドライバーからパターまで、同じ音質の心地良い音を出します。高音質で、少し響きがあります。

ドライバーは飛ぶように聞こえますし、アイアンもカッチリとインパクトしていることを教えてくれますし、パットは気持ち良く転がるように感じさせます。

打ち応えは、前モデルより、ドライバーは少し柔らかくなったように感じましたが、適度な重さがあり、インパクトの様子が手に伝わりやすい感触です。これは前モデルと基本的には変わらないと思います。

前モデルに比べて、ドライバーなどの長距離を打つものは、少しボールが低くなったように思いました。

目立つほどではありませんが、打ち出しから上がっていくようなボールにはなりません。

『スリクソン Z-STAR XV ボール』は、ドライバーショットに関して、平均して前モデルより4ヤードほど飛距離が伸びました。数字は大したことないですが、転がりが増えている実感は現場であるコースでは明確にわかります。

フェアウェイウッドも飛距離が増すと感じましたが、アイアンショットは僕の場合、まったく変わりませんでした。これはマイナスではなく、プラスです。ツアーボールは飛距離が安定していることが大事だからです。

アプローチに関しては、高い球では前モデルとの変化はあまり感じませんでしたが、低い球を打つとスピンの効きが良くなったという感触がありました。

最も気にしていたパットは、前モデル同様に素晴らしい打音で、気分良く打つことができます。

ガラス系とも言えるような高音質は、すべての距離のパットで発揮されます。

動画は両方ともロングパットの画像です。ショートパットだけなら打音が良いボールは市場にはありますが、ロングパットも同じ音質になるのは数えるほどしかありませんから、強いて、2シーンともにロングパットにしたのです。

『スリクソン Z-STAR XV ボール』は、飛距離を優先したツアーボールを使いたいゴルファーにオススメします。

ツアープロのためだけでなく、僕ぐらいのヘッドスピード(40メートル/秒)でも使えます。

ヘッドスピードが速い仲間にも協力してもらって観察しました。『スリクソン Z-STAR XV ボール』は、やはりヘッドスピードが速いゴルファーにオススメだと思いました。

ドライバーの飛距離性能の向上や、ショートゲームでのスピンについても、彼らのほうがハッキリと結果が出ることを確認しました。

ボール市場全体を見渡しても、『スリクソン Z-STAR XV ボール』は飛ぶボールに分類されます。

ショートゲームになるほど、テクニカルに使用することを楽しめるボールでもあります。

使いやすいツアーボールとして新しい『スリクソン Z-STAR XV ボール』は優れています。

欠点が見つからないボールでベストスコアを出そうという意気込みでテストしてみることです。そのくらいの意気込みでなければ、ボールに失礼だと感じさせる完成度を持っているのが、新しい『スリクソン Z-STAR XV ボール』なのです。
お気に入り
スリクソンMOVE MASTER2 210421-0509

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516