芯を食う!飛距離は落ちない!?グリップを短く持ったら良いことだらけ!

お気に入り
以前、あるゴルフ雑誌の記事がきっかけで、グリップを短く持ってみたことがあります。

通常はグリップエンドを余らせることなく持っているのですが、少し短く持って打ってみるとナイスショットの連発とはいかないまでも、かなりいい感じのショットが出るようになりました。

グリップを1インチ(約2.5センチ)程度余らせるだけで、いつもと違った感覚のショットが出ました。

短く持ったらナイスショット連発!?

短く持ったらナイスショット連発!?

getty

以前、某ゴルフ雑誌にグリップを短く持つことについての特集が載っていました。

グリップを余らすことなく持った時と、1インチ~2インチ程度短く持った時のショットの差がどれだけ出るのかという内容でした。

その記事がきっかけで、私もグリップを短く持ってラウンドしたことがあります。

そうすると、ナイスショットが出る確率が上がり、飛距離が伸びたと感じました。

いや、飛距離が伸びたと言えば少し言い過ぎかもしれません。

要するにミスショットが少なくなり、芯に当たる確率が上がりました。

いかにグリップいっぱいに握っていた時、芯でボールをとらえられてなく、飛距離をロスしていたかということなのかもしれません。

グリップを短く持つだけで、ショットの違いを感じることができました。

ちなみに、男子では今平周吾プロ、女子では田辺ひかりプロが常に短く持ってプレーをしています。

ツアーでも短く持って活躍しているプロがいるのだから、そこには何か理由があるはずです。

なぜ短く持つだけでこんなにもショットの感じが違うのか、その要因、感覚をアマチュアゴルファーの私なりに考え、整理すると同時に忘れないためにまとめてみました。

スイングがコンパクトになる!

スイングがコンパクトになる!

getty

短く持つとスイングがコンパクトになります。

手元から先のクラブの長さが短くなることで、トップの位置も小さくなります。

自分では通常通りのスイングをしているつもりでも、クラブを短く持っているからいつものトップの位置までヘッドが上がりません。

短く持つと、そもそもスイングを大きくしようという意識自体がなくなるような気がします。

決して小さなスイングをしようとするわけでなく、いつも通りのスイングでコンパクトなスイングを自然に作ることができます。

前傾姿勢が保てる!

短く持つとボールとの距離が近くなるので、自ずと前傾角度が深くなります。

見た目は変わらないかもしれませんが、本人は前傾が深くなったと感じます。

その感覚があるからか、通常よりスイング中の前傾角度を変えないようにする意識が働きます。

前傾角度を保つ意識が働くことで、スイング中の頭の上下動が起きにくく、トップやダフリ等のミスショットも出にくくなると思います。

グリップを短く持つことで、ゴルフスイングでの大事なポイントの一つである前傾角度をキープしやすくなると私は考えます。

飛距離は落ちない!

飛距離は落ちない!

getty

クラブを短く持つことで飛距離を押さえて微妙な調整をするという話を聞いたことがあると思います。

しかし、私の経験からすると、それは常にボールをフェースの芯でとらえることができるプロやトップアマチュアに限り効果が表れやすいのではないかと思うのです。

むしろ、アベレージゴルファーの場合、短く持つことでスイングがコンパクトになり芯に当たりやすくなるはずです。

ちなみにアプローチの時に短く持つのは、小さなスイングでヘッドの芯に当てやすくするためでもあります。

したがって、フルショットでも短く持てばナイスショットが出る確率が高まります。

そして、いつも芯に当たらず距離をロスしているアマチュアゴルファーにとっては、むしろ平均飛距離が上がることにつながる可能性があります。 

ピンまでの距離より少し大きめの番手のクラブを短く持って打ったら、飛距離を抑えるどころか、思った以上に飛んでしまいグリーンを大きくオーバーした経験がある人もいると思います。

アマチュアゴルファーは芯で打つことがなかなかできていないので、飛距離を落とすための方法として短く持つことは、あまり効果がないのかもしれません。

試す価値あり!?

試す価値あり!?

getty

アマチュアゴルファーがいきなり短く持ってラウンドするのはなかなか難しいかもしれません。

アプローチでは短く持つことはあっても、フルショットで短く持つことはあまり経験がないはずです。

練習場で一度短く持ってフルショットを試してみると、いつものグリップとの違いが感じられるでしょう。

そして短く持つことに慣れてきたら、18ホールのうち、体が動き始めた中盤以降、1ホールでもいいのですべてのショットを短く持ってみるのはいかがでしょうか?

違和感があるかもしれませんが、決して大叩きするようなことにはならないと思います。

劇的にいいスコアにつながる訳ではないですが、大きくミスするショットも減ると思います。

グリップを短く持ってのラウンドは一度は試してみる価値があると思います。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516